ブログトップ

海の時間

神様がくれた時間

f0223565_16195265.jpg


この夏、仕事関係でとある国へ行ってきました。

その時、私はこれまでにもない、とんでもない経験をしてしまいました。

・往復のフライトがキャンセル&空港で往復とも一泊することに
・旅行中、デジカメが壊れて写真がとれなくなる
・航空会社が用意したホテルでとても不愉快な目にあう
・帰国後、持病が再発、しばらくしんどい思いをする

これだけ読んでも、ありゃりゃ、って感じなんですが、
よーく振り返ってみると、実は旅立つ前から暗雲は
立ち込めていたんですよね。

いま旅日記で綴っているマルタ島へ行ってから、
しみじみ、外へ行くのがしんどいな…と思うようになっていました。
毎日の仕事上のストレスが、少しずつ私の心を
曇らせていたのか、その時からすでにハートが望むものが
見えなくなりつつあったのかもしれません。

そこへ持ってきて、今回の行先は、もともと苦手意識を持っていて、
乗り気ゼロと言ってもいいくらいでした。

そんな私の気持ちなど全くお構いなしかの如く、
仕事はどんどんハードになり、出発前には
自分ではどうにも処理できない事件が発生し、
ついに身体が悲鳴をあげ、前日に病院へ行くという羽目に陥り、
そして、旅行中は先ほどのような悲劇的?展開だったわけなのです。

いったい、何のために私はあの国へ出かけたの??
あの国は、私と相性が悪いのかしら??

…と、帰国後もしばらく、どうしようもない不快感が募っていたのですが…

いつもいつも時間がなく、ブログから遠ざかった生活だったけど、
空港での足止めは、私に思わぬ時間をくれました。
その時、久しぶりに自分のブログを読み返したのですよね。

暇つぶしに読んでいくうちに、いつのまに私はこういう
心の言の葉をつづる、とても豊かで潤いのある時間を
削ってしまったのだろう…と思いました。

忙しさに気を取られると、本来のハートが望んでることを曇らせてしまう。
そして、ハートが望んでいるのとは違う方向へ進むと…
「そっちじゃないよ」って、すべてのことが指さしてくるんですよね。

今回の旅は、私の曇った意識が具現化されちゃった事件?なのかなぁ…
なんて思ったりしています。

今、クリアな目で見てみると、今回の旅で、
私はたくさんの出会いも経験したのです。
それは今の私に繋がる、あの時あの場所でなければ実現しなかった、
とても貴重で素敵な出会いだったのですよね。

大変な思いもしたけれど、あれはあれで、
自分の未熟さを少々棘?のある方法で教えてくれた、
やはり意味のある経験だったのだ…などと今は思ったりしています。

現在は、どんなに忙しくても、自分の時間を作るようにしています。
心身ともに健康でいるためには、時間も必要だし、
植物に水やりをするように、ハートにも潤いが必要なんだよね…

そんなことを気付かせてくれた旅だったように今は思っているのです☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2010-09-11 16:27 | ここね