ブログトップ

海の時間

アトランティス・ショック1:Zさんの登場

f0223565_11323569.jpg

さて、クリスタルワークショップ3日目の終了後、メンバーと
夕食をご一緒させていただきました。

皆、とっても明るい笑顔で、私はめちゃくちゃ楽しんでました。
このワークショップで初めて会った方々だというのにね。

そのとき、明日までの宿題についての話になりました。
課題は、「過去世」。

あまり興味ないけど、でも、自分とクリスタルの関係なら
見てみたいなって思いました。
すると、そのうちの一人の方が、

「私とアトランティスを見てみたいわ^^」

とおっしゃいました。

アトランティス…って、どこでしたっけ?
確か、伝説の…ですよね?
レムリアとは、違うんでしたっけ?

うーん、でも私は、もしそこに生まれてなかったら寂しいから、
やっぱ石と自分でいいや♪と思いつつ、その夜は就寝しました。

そして、翌朝、起き上がる前に、習ったばかりの
インナーセルフに会いにいくワークをしていました。
すると…

ココから先は、妄想話ですからね!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

これまでは全くといっていいほど、
見たことのない景色が広がってきました。
最初は、山や森のある景色だったのですが、
そこに唐突に聳える塔のようなものがあって、
最上部がぽっこりと楕円形に膨れ上がっています。
まるで、トルコのカッパドキアのような。

そこで見えてきた人物は、どうやらその最上部にいるのでした。
外見は、サンタクロースが青いローブを纏っている感じ。
肥えたじいさんです。

でも、いくら名前を尋ねようとしても、「お前は私だ」という、
声ならぬ声が頭に響くばかり。
そして、なぜだか…私に、「これをお前に…」と言って、
なにやら取り出しました。

それは、なんと、なんと…

わたしが、ずっと昔、石に興味を持ちだしてから
2度目に購入したレムリアンシードだったのです。


誰だ、こいつ????

何で、それを持ってるんだ???????

本気で焦りました。
だって、いわば夢、SF映画みたいな妄想の中の
見たこともない人物が、現実に私が持っている石を持っているなんて…

妄想と現実が交錯して、
「ありえない」って思ったんです。

衝撃を受けながら、それを受け取った瞬間…
目覚ましアラームが鳴りました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

しばらく、ベッドの中で呆然としながら…
誰だったんだ??あのじいさん。
と、ドキドキしていました。

つづく♪


追伸:2回目に見た時、名前を尋ねると、
なにやらZで始まる音でした。
でも、聞き取れなかったので、
Z(ズィー)さん、と呼ぶことにしました。
G(ジー)さんよりはいいでしょう?(笑)

ということで皆様、この方、「Z(ぜっと)さん」では
ありませんからね、「Z(ずぃー)さん」ですからね、4649!!!
[PR]
by yuu-kakei2 | 2013-11-29 23:01 | パラレル・ストーリー