ブログトップ

海の時間

石が繋ぐ不思議1ミラクルな出会いだったのか?

さて、講座に参加中、参加者の方がこうつぶやきました。

「ねぇ、私ね、ジェムショーに行ってみたいんです」

そうですね!私も、私も!!

それで、講座終了後、ジェムショーって日本でもやってるのかなー
なんて、何とはなしに検索してみたら。

次回の講座前日、つまり私が上京する日に、
新宿でジェムショーがあるっていうじゃないですか!

わぁぁ、グッドタイミングですね、行ってみよー♪
ということで、行ってきました、初のジェムショー♪

ものっすごくたくさんの石屋さん&石が並んでいて、
酔うくらい~~~!!
とにかく石・石・石で埋め尽くされていました!!!

その時、ふんふんふん♪と見るとはなしに見ていた所。
とあるショップで、なかなか美しいシトリンを発見^^
輝いてるし、いい感じの色だし、シトリンでこんな大きいの、珍しいなぁ~、
と思っていたら、店主と思われる
見た目ジーザスクライスト系アメリカ人のおじちゃんが、

「いいものに目を付けたね」

と言って、棚の下にある箱から取り出し、
次々と石を見せ始めてくれました。

こちらは、小ぶりだけれど色の濃いシトリン。
写真では上手く写せないのですが、白い部分も
薄く透明がかった黄色をしています。
f0223565_1750559.jpg


「これらは皆、アルゼンチンの鉱山から出てきたんだけれどね。
通常は、これくらいの濃い色だと、宝石にしてしまうんだ。
だけど、僕にとって、石をカッティングすることは、
石を殺してしまうようなものでね。僕はナチュラル志向の人間だからさ」

そうなんですね…

あくまでも取引上の会話ですから何とも言えませんが、
石に対する気持ち、そしてその人柄なりを、私は信頼したのでした。
で、彼のイチオシだったこの石を求めました☆

会話が弾むうちに、実は今、
自分の身体と、家族の身体のヒーリングのための
クリスタルの使い方を習っているんです、と話したら、
おじさん、真剣なまなざしで立ち上がり、

「もしよければ、ここでヒーリングを
させてもらっていいかい?どこが悪いの?」

というので、腰です、と伝えると、
そこにあった、アイスクリスタルのような
石を取り出し、私の腰辺りを包むようにして、
ヒーリングをしてくれました。

うわー、その気持ちだけでも、十分ですよー!

さんきゅーさんきゅーと伝え、ついでに名刺をもらいました。
いやー、これだけたくさんのお店が出店してる中で、
ヒーリングまで受けてしまって、まるで時間も空間も
飛んだよう。なんだか不思議なご縁だなぁ☆

…そして、つい、先ほど知ったのですが。
この方、レムリアンシードを最初に発掘なさった方だったそうで、
バイヤーさんの間では、誰もが知っている有名な方だったそうです。

それを知って私は、改めて、石の繋げる不思議を
再認識させられました。

わたしが、初めて石というものを買ったのは、
レムリアンシードでした。

石がつなぐ人とのご縁の不思議。
ヒーリングまでしてもらった時は、
石ってホントに、ちょっとしたミラクルを運んでくれるもんなんだな、
と思ったのですが。
ここまでくると、単なる偶然、思いこみを通り過ぎた、
ホントに凄い何かがあるような気がしたりして…
私だけかしら?
[PR]
by yuu-kakei2 | 2013-11-17 16:59 | パラレル・ストーリー