ブログトップ

海の時間

夢の跡

講座が終わり、自宅へ戻って、しみじみと
夢?に現れた石を手に取りました。

この石は、どちらかというと女性的なイメージがあり、
調子が悪い時なんかに握ったりする程度で、
普段はあまり気にかけていない石でした。

といいつつ、部屋のベストポジションに
いつも鎮座しているな…

そう思いながら、ちょっとだけ、石と瞑想をしてみることに。

ではでは、独り言ワールドへ…

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

巨大な水晶の洞窟を進んでいきます。
f0223565_1381648.jpg

(©National Geographic

すると…パルテノン神殿のような所へ出てきました。
しかも、何もかもが…巨大です。
f0223565_13171363.jpg


美しい海のイメージも…
アトランティス?レムリア?サントリーニ?分からない…テロス?
言葉が、交錯します。
f0223565_1320446.jpg


次の場面では、巨大な水晶洞窟で祈る大勢の人々の後ろ姿でした。
その祈りを集めている、白く巨大な…人?
水晶の塔だったかもしれません。

分からないけれど、その「祈り」が都市の動力源のような感じがしました。

ここで祈る人々は、日の光にもあたらず、長生きしない、
まるで奴隷のようなイメージでした。

しかしそれだけでは、地球の変化(天災?)を、
止めることができませんでした。
地球は一度、「壊れた」…
どういう意味でかは、分かりません。
物理的になのか、精神的になのか、さっぱりですが、
そんなイメージでした。

バランスが大事だったようです。

Zさんは、それ以前の生で、
宇宙で好き勝手に生きて地球を我が物にした挙句、
愛いっぱいだったクリスタルを使えなかったこと、
あるいは間違った方向に使ってしまったことで、
悲しみでいっぱいでした。

そして、望めば何でもできたその愛すべきクリスタルを、
地中深くに自ら封印しました。

これまでの制限だらけの幾多もの人生は、それを通して
心を強くするための修行?償い?自らに課した罰…?
イメージでは、心の成長が必要のようでした。

Zさんは、ひどく悲しんでいました。
泣いてました。

その悲しみが、これまでの幾重もの輪廻の中で、中心軸にあった…
ように感じました。

でも、その悲しみは、言い換えれば…
地球に対する、愛なんじゃないかなって思いました。

私は、Zさんにこう言いました。
再びこの石に出会えたんだから…さ。
私にどうできるか分からないけど、
今度こそ愛のために正しく使うよ、と誓いました。

石を持ちなおすと、Zさんも私を覆うように一緒に持っているのを
感じました。
Zさんはこの石を、本当に、深く深く、愛しているようでした。
私もこの美しい石に、たくさんの愛を…イメージで、送りました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、こちらもあくまでも創造的な余談。

このZさん、最初に初めて見た時に、あまりに訳が分からないので、
自分とは別人のセイクリッドな存在かと思ってましたが…
インナーであり、過去世であり、みたいな風に思ってます。

また、おそらく彼は、ものすごく何でも知ってます。
知能システムが違うんだと思います、人とは。

レムリアンシードやレコードキーパーは
「古代の叡智」を記録する、といわれますよね。
はっきり言って、さっぱり意味不明、と思っていましたが…
もしかして、こういうことなのかなぁ…なんて、勝手に思ってます。

それと、思ったのは、おそらく誰もが、
石の使い方を「知っている」はず、ということです。
「忘れている」だけ、あるいは自ら制限をかけているだけなんだろうな、
と思いました。

まぁ…とは言いましても。
色々魔法みたいなこと教えてくれよ、と思いますが、
なんせ、出所が「自分」なので…戯言です、ハイ(笑)

それから、真赤に染まる大気と火山の風景は恐かったです。
それで、彼の悲哀に満ちた瞳から、地球に対する愛というのをものすごく感じて、
あんまり関心なかった(すまぬ)「地球環境」というものに
心を寄せるようになりました。前よりは。

また、地底にも、何かありそう…
アトランティスは、地殻変動とか火山の噴火とかで
どうにかなっちゃったらしい、と勝手に思っていますが、
完全に滅んでは…いないのかなぁ?
謎です。あくまでも、創作ということで。

いやー、かなりあいまいではありますが、見事な創作物語でしょ?
思いもしなかった展開でした。
夢物語、オカルトに過ぎなかった「アトランティス」や「レムリア」
という言葉が、一挙に、映像とともに流れてきて…

想定外でした。チャンチャン♪
[PR]
by yuu-kakei2 | 2013-12-03 20:14 | パラレル・ストーリー