ブログトップ

海の時間

スモーキーエレスチャルの夢

普段、石とのアレコレ対話はこちらに載せているのですが、
それでも収まりきれないほどの、何かを携えている石なので、
改めてこちらでもアップデートすることにしました。
f0223565_8471569.jpg

実際には、手のひらに収まるサイズなんですけれども、
私にとっては、何となく畏れ多い石。
ですので、本当に、ずっと「はは~っ」ひれふするばかりに
大事に扱い、手にも取っていませんでした。

が。

昨年末ごろから、やたらに、この石が…呼ぶ。
どう呼んでいるかって??

「おれの力を、発揮する時が来た!!!」

「おれを、連れて行け!!!」

「おれが、守ってやるぜ!!!」

(こんな下品ないい方じゃないと思うんですけどね、本当は、
「私の力を発揮する時が来ました。
あなたの行く所へ、私を連れて行くとよいでしょう。
私が、全力で、あなたが最も優れた道を進めるよう、
守って差し上げましょう」
という風に言ってるのではないかと。でも、私が訳すとこんな感じ)

色のせいか、男性的な力強さを感じます。
中に映る光の、神々しさには…本当に、驚くばかりで。
この虹は、ファセット全体に映るんです。
f0223565_853350.jpg

先日、改めて瞑想してみたんですが、
前回とはまた違ったものが見えてきました。

やたらに、「エジプト」というキーワードが出てきます。
エジプト、好きだな私…。
それから、ピラミッドや宇宙を超え、もっと何か、どでかい…
全く別の次元が、存在する…かもしれない、と感じました。

それが、エレスチャルによく言われる「天使の領域」というものでしょうか?
全く分かりませんよ。
だけれど、「宇宙より大きな何か」という存在を感じたのは、
これが初めてでした。

エレスチャル、奥深い…
畏れ多いけど、力を発揮する時が来た、みたいだから…

今年、そばにいてもらうことにします☆
f0223565_8585862.jpg

[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-01-11 10:02 | 石のこぼれ話