ブログトップ

海の時間

ことだま1

こんにちは♪

最近、思い立って、ちょっと色々本を読んでます。

昨年は、ほぼ1年間、気がつくとスピ系の
本やら記事やらばかり読んでいたんです。

それで、大層久しぶりに仕事関係の本を、
いくつか読み始めたわけなんですけれども…
そのうちの1冊が。

?????????????

読んでいて、「痛い」んです。
なんかね、「ツンツン」するんです。

そこで、ハッとしました。
もしやこれ、書いている人の「怒り」を感じてしまったのかな?

そう思ったのは、今の所その1冊だけです。

単に、中身が好きになれないだけかも。

と思いつつ。

スピでも小説でもなく、現実的な本を読んで、
こんな風に思ったのは初めてでした。

そうやって考えると、ブログやツイッターの言葉って、
もっとダイレクトにエネルギーが宿るんだろうな、と思いました。

だからこそ、革命ともいえる社会現象を巻き起こすほどになったり、
国の議員までもが辞職に追い込まれるほどになったりするのかな。

すごいね…言葉のエネルギー。

やっぱり、お経とかって、すごいんだろーなーと、
今更変な所から納得してみたり。

何となくですが、「言霊」って、こういうことなのかなー、
と思った出来事でした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この記事を書いたのはちょっと前なのですが、
それ以降、なんだか立て続けに「言葉」に関する
記事などを読んだりする機会があったので、
ちょっとシリーズ化してみま~す♪
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-01-17 20:09 | 不思議話