ブログトップ

海の時間

生かされている、ということ

f0223565_22172051.jpg

ガンジス河に訪れた時のことです。

こう言ってはなんだけど、どう見ても、どう考えても、
きれいとは言い難いと思うのです。衛生的には。

だけど、美しいもの、醜いもの、きれいなもの、汚いもの、
富めるもの、貧しいもの、死んでゆくもの、生まれてくるもの…

全てが一挙に、同じ次元に混在してて、
世界の縮図のようで…

私には、とても、とても美しく見えました。
衝撃的ですら、ありました。
予想してはいたけど、予想をはるかに超える風景でした。

これまで訪れた国の中で、いくつか心に残る川があるのだけど、
この河は、それらとはまるで別格という感じで、
私の中で、崇高なる位置を占めています。

生かされている。

毎日、当たり前のように享受している幸せが不意に得られなくなると、
人はえてして、傲慢に…なってしまうんですよね、意図しなくても。

でも、この河のことを思い出すと…しみじみと、思います。

私たちは、生かされている。
神様、仏様の愛に包まれて。

腹が立ったり、落ち込んだり、何しろ面白くない気分の時に、
ふっと気持ちを逸らせて、この風景とか、この言葉を
ちょっと思いだせるようになれたらいいなって思う今日この頃…であります☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-02-16 22:22 | ここね