ブログトップ

海の時間

ファーストネイション

こんにちは☆

大きな台風が来ていますが、皆様大丈夫でしょうか。

こんな台風の中、なぜか大掃除をした私でありますが(笑)、
またもこの石↓が訴えているように思えましたので、
取り急ぎアップしてみます☆

さて、この夏、
立て続けに北アメリカ大陸に訪問した私。

帰国後、なんとか仕事をこなし、しばら~くして。
先日、石を磨いていた時、
久しぶりにこの石がとても気になりました。
f0223565_20593819.jpg

ビックスフォーメーションピクチャージャスパー。
改めて写真に撮りながら見つめていると、なんだか、翼に見えてくる…
翼と、鋭い瞳…

と、ここまで思った時、あれ、以前この石について
何か見なかったっけ?と、
石ブログを振り返ってみたら…

この石は、今回私が訪問した場所が産地だったことを
思い出しました。

記事を書いたのは、2013年12月21日になっています。
また、こぼれ話も、23日に書いていたですが、
なぜか、この石の記事だけアップしていませんでした。

先住民と、産地と、今回の旅、
そして旅を終えるまで記事が放置されてたこと…
何か関係があるような気がしないでもなく。

なぜあの場所に再び行くことになったのか、
そしてなぜあの土地で、拒絶と歓迎という、
全く真逆の体験をすることになったのでしょうか。

滅ぼす者、滅ぼされる者。

真逆でありながら、あれも光、これも光。

真逆を体験した私は、何かを
学べたのでしょうか。

まるでタイミングをはかったかのように再び私の前に
現れた石の記憶。

石が投げかける謎解き、前よりは北アメリカに対する先入観の
薄れた今なら、解けるのかもしれないな…

なんて思いながら、石を見つめてみました☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-10-05 15:56 | 石のこぼれ話