ブログトップ

海の時間

アフロディーテの石

こんにちは♪

ローズクォーツといえば、愛の石、ですよね^^
あまりに定番なので、これまでじっくり向き合ってませんでしたが、
ちょっと遊んでみた感想です~☆

最初に出てきたのは、青黒い海の奥底で、
目を光らせて怒り泣いている龍の姿でした…
どうやら、愛されないことに傷ついているようです。

それを癒すのは、まるで真珠のように
こぼれてくる女神の涙なんですが、
それがどうやらローズクォーツのようでした。

それで、大体、この石で龍が出てくるのはおかしくないか?
と思い始めたので、改めて集中しなおしたら、
もう1つのブログに書いた妄想となった、という感じです。

ただ、一貫して何度も「アフロディーテ」という言葉が
繰り返されるものだから、はて、と思ったら、
「アフロディーテ(ヴィーナス)の石」とも言うのだそうです。
海のイメージも何度も出てきました。

それから、ローズクォーツというと、
どちらかというと傷ついたハートを優しく癒す、
というようなイメージがあったのですが、
それだけではないようでした。

私の感じでは、ただ表面的に優しいだけではなく、
心の奥深くまで入りこみ、真の自分に向き合うことを助けるような気がします。

悲しみに向き合う時、人はとても辛い思いをするけれど、
それはいずれも、乗り越えられないものではないと…

そのことに気づかせ、あなたは大丈夫なのですよ、
元気を出して前に進みなさいよ…と促してくれるような、
導いてくれるような力もあるように思いました。

あ、それからここで何度も出てくる「向き合う」というキーワードですが、
実は私がよく避けてることです^^;
これさえも、お見通しなんでしょうね、きっと…

ローズクォーツ、とても奥が深いですね☆
f0223565_15174419.jpg

[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-10-13 15:28 | 石のこぼれ話