ブログトップ

海の時間

沖縄の旅5:美ら海水族館から古宇利島へ

さてさて~、お腹一杯になってから向かった先は、美ら海水族館!
きれいなイルカの銅像のお出迎えです!
f0223565_23483838.jpg

海側から見た建物です。
f0223565_17212437.jpg

なにしろ、「混雑予想」がHPに出るほどの混みようだといいます。
でも、美ら海水族館の、ココにだけは行きたい!という思いでやってきました。

それは、「黒潮の海」!
あの有名な、ジンベエザメがいる所~!

ドキドキしながら館内を進んでいくと…
うわーっ、いましたーーーっ!!
f0223565_17271552.jpg

ディスカバリーチャンネルにも出た、
技術を駆使した巨大水槽で、ゆ~ったりと泳いでいます!
すごいすごい~。大きいなー。
一番大きなジンベエザメには、ジンタくんというお名前が付いているそうです。

ナンヨウマンタも大きい!沢山いました~
f0223565_2140921.jpg

いやーいいですね、海をゆったりと巡る大きな魚たち。
気持ちがゆったりになりますね。

なんて思いながら、一息ついて、ふと外へ出てみると。
そこは、「亀の浜(カーミヌハマ)」という小さな浜でした。

そして、何やら意味深な雰囲気の石碑を見つけました。
f0223565_2154476.jpg

隣にある掲示をよく読みますと、「いしがんとう」と言い、
T字路の突当りなどにある魔よけの石柱で、
中国から伝来し、広く日本列島にも入ってきたそうです。
後で住宅街を通った時、沢山見つけました。

海の向こうには、伊江島が…
f0223565_2223153.jpg

あの伊江島のシンボル的な山、あれはまるで灯台のようですね。
その存在感が気にはなったけれど、次は、
私が今回、最も訪れたいと願った場所、古宇利島へと向かいました♪

ところで今回は、ガイドブックを見て、「ココ行きたいな~♪」と
気が向くままに行先を色々と決めました。
その中で、なぜ古宇利島へ行きたいと思ったかはよく分かりません。
強いて言えば、写真がきれいだったことでしょうか…
あ、あとは、島の丸っこい形が気に入ったんだと思います^^

今帰仁村を通り、古宇利島へと向かいます。
途中、屋我地島と古宇利島を結ぶ橋の前でパチリ。
奥に見えているのが古宇利島です。
f0223565_2356313.jpg

いよいよです~♪
とってもとても、ワクワクします^^

古宇利島に着くと、なぜだか居るというだけで
ものすごく嬉しくて、ありがたい気持ちが湧きあがってきます。
仕事での出張が多いとはいえ、やっぱり、
旅は行きたいと思う所に行けることが嬉しいものなんですね~^^

その日は、古宇利島のペンション、「Kaya Resort」に泊まりました。
お部屋から海が見えます。
f0223565_23175588.jpg

古宇利島をはじめ、今帰仁周辺には沢山の素敵なホテルやペンション、
民宿がありますが、私の場合、夕食を取れるというのが決め手でした。
そして、こちらの宿で初めて、アオダイ「シチューマチ」を頂きました。
タイの仲間とあって、癖のない淡白なお味で美味でした^^

さて、翌日は、いよいよガイドの方と今帰仁周辺を巡ります。
夜空を見ると、しとしとと雨が降っています。
天気予報では、私が観光する間は雨の予報でした。

でも、今まで旅先で傘を使ったことって、
マチュピチュ以外ではあんまりないんだよな…

しかし、その意味不明の自信だけでは心もとなかったので(笑)、
ちょっぴり真剣に、「明日、雨が降りませんように~!」と
神様にお願いしました。

沖縄の神様に、沖縄の人々に失礼のないよう、
敬意と、感謝を伝えられますように。
いよいよ、聖地巡りの旅が始まります☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2015-03-14 09:48 | 旅・国内