ブログトップ

海の時間

2015神在月の出雲4:命主社と真名井の清水、そしてほっとランチ♪

このあと、このような趣のある道をてくてく歩きます。
f0223565_15111114.jpg

玄関に、「忌」という字の書かれた半紙を玄関に貼っているお宅がありました。
神在祭は、別名お忌み祭ともいいますものね。
出雲地方では、神事と日常がとても自然な形で溶け合っているように感じます。

さて、途中、囲いのしてある大木もお見かけしました。
きっと、大切なご神木なのですね。
f0223565_15153738.jpg

ほどなく、表示が現れます。矢印に従い、民家の間を通ります。
f0223565_15163784.jpg

こちらが、命主社(神魂伊能知奴志神社(かみむすびいのちぬしのやしろ)と、
ムクノキです。
f0223565_15273978.jpg

お祀りされている神様は、神皇産霊神(かみむすびのかみ)様で、
古事記では、少彦名神様はこの神様の子とされています。
「天地万物の根本となられ、大国主大神が危難に遭われた際には
常にお護りされ、国造りの大業を助成せられた神です。」とあります。

この奥に、囲いで覆ってある場所がありました。
なぜかこちらには近寄れず...^^;
表のムクノキや本殿よりも、とても厳かなイメージを受けました。
f0223565_15372543.jpg

あとで知ったのですが、ここは「真名井遺跡」と呼ばれ、
かつてここに大石があり、その下からたくさんの
勾玉等が出土した場所とのことです。

一見、崩れた囲いの残る、いわば雑木林の一部なのですが、
なるほど、そういうことだったのですね。

さて、もう少してくてく歩きます。
すると、真名井の清水が見えてきました。
f0223565_1629084.jpg

出雲大社の神事にて用いられる神聖な清水で、島根の名水百選に選ばれています。
「弥都波能売神(みづはのめのかみ)」、水の神様
祀られています。

これでようやく、行きたいと思っていた場所に訪れることができました。
とっても寒い日で、どこかで暖を取りたいな...大社まで戻りますか、
と思ったところ。

真名井の清水の看板下に、「まないな」というお店の看板があります。
ここは、駅で配布のマップにもカフェとして記載されていました。

少し早目のお昼を頂くことにしましょうかしら、と思い、もう少し歩いてみました。
こちらが、まないなさん。
f0223565_16373934.jpg

とっても暖かい暖炉の前で、生き返りました!
f0223565_16454617.jpg

野菜たっぷりのカレー...寿命が延びた気分でした(TT)
f0223565_16462072.jpg

オーナーの写真が飾られているギャラリーもありました。
今頃知ったのですが、巨石がお好きなのですね!私と一緒でした!!(笑)
もっとお話しできれば良かったな~。

さて、こんな風に幕を閉じた2015年出雲の旅でした。
何度行っても、いつも清々しい気分になれる出雲の旅。
今度はいつ行かれるかな…?

またきっと、出雲の神様を訪問します!
その時はどうぞ、よろしくお願いします~☆
f0223565_16544660.jpg

[PR]
by yuu-kakei2 | 2016-01-30 20:58 | 旅・国内