ブログトップ

海の時間

2015沖縄の旅6:神様との時間

その後、今度は東海岸沿いの道を戻っていきます。
途中、少し広場のある所で、すこし休憩を取ることにしました。

ここには、大変大きなガジュマルの樹が...
f0223565_2046575.jpg

樹の精霊が、柔らかい木の葉の音とともに、優しい風を運んできてくれました。
f0223565_20502743.jpg

ここでスッパイマンを食べながら休んでいると、
自転車に乗ったおじいちゃんが通りかかりました。
かごには、大人しい柴犬のような犬を乗せていました。

よろよろと進む、おじいちゃんと犬。
「あのおじいちゃんに飼われる犬は、幸せだね」
もっともだと思いました。

この島で生まれ、育って、死んでいく人もいる。
同じ日本人と言っても、本当に千差万別の人生があるんですよね…

小さな畑や、雨水をためた桶を見ながら、
この島の人々の暮らしぶりを想像しながら...

次なる目的地、イシキ浜にたどり着きました。
ここは、ニライカナイ(天国)に繋がる浜として、
祭祀の行われた、神聖な浜辺です。

ですから、入り口には、鳥居と思われる
大変大きな木々が立っています。

まずここでご挨拶をして足を進め、
わき道にある拝所でもご挨拶します。

そして、真っ白な砂浜の先には...
f0223565_20572032.jpg

天国に繋がる浜辺。
f0223565_211372.jpg

よく、海に癒される、というけれど、私は基本的に泳げないので、
そんな風に実感として感じることはあまりありませんでした。
f0223565_2112879.jpg

でも、ここの海は、静かで...美しくて。
f0223565_211427.jpg

私はここで、私を守護して下さる神様からのメッセージを
頂きました。

それは、思いもしない言葉で...

生まれる前からずっとご縁のある神様が、
ただ私を愛し続けて下さっているということを知るありがたさ。

それは、もちろん私だけではなく、
地球上に生を受けた人は誰でも、その人を一心に愛し、
お守りする存在がいるということで...

感謝、という言葉ではおさまりきれないような、
奇跡、と言ってもいいような。

そんな存在を、一日にほんの少しでも感じることができるよう、
これからも、ここで頂いたメッセージのことは、
心の灯として大切にして生きていこうと思っています☆
f0223565_2154182.jpg

こうして、私の久高島の旅は終えました。
そして、れなさんとも、しばしのお別れ...

一期一会の美しさ、儚さを、しみじみと感じる、
とっても素敵な時間でした。
f0223565_2164231.jpg

[PR]
by yuu-kakei2 | 2016-03-27 09:45 | 旅・国内