ブログトップ

海の時間

2016お稲荷さん②伏見稲荷大社

京都には、朝の8時台に到着しました。
8時台といえば、通勤・通学の時間ですね。

JR奈良線のホームへ行くと、電車が待っていました。
これなのかな…?と思っていると、ベンチに座っていた女性が
おもむろに立ち上がり、駅員さんに、
「この電車は稲荷駅へ行きますか?」と聞きました。
すると、駅員さんは、これではなく反対側のホームに来る電車ですよ、
と言いました。

まるで、私が聞きたいことを代わりに聞いてくれたようなタイミングに、
心の中でありがとうと言いながら、反対のホームへ行きます。

混みだしていましたが、座ることができ、稲荷駅へ。
稲荷駅のホームは、修学旅行生や観光客で混雑していました。
そして、ホームを出ると、ドーンと鳥居が!
わー、来ました!!伏見稲荷大社です!
f0223565_115316.jpg

大きな神社に行くのは久しぶりだったので、とてもワクワクします!
はやる気持ちを抑えつつ、駅前のコンビニで、お供え物を購入しました。

伏見稲荷大社にお参りするときは、お酒と、お稲荷さんか油揚げが
良いと聞きました。そして、できれば神様と、その眷属のために
用意するとよい、ということも聞いていました。

とすると、お酒が二つに、お稲荷さんも二つ。
ワンカップでよい、と言いますが、私はあのタイプはこぼれるかもしれないのが嫌で、
ちゃんと蓋ができる300ミリリットルタイプを買うようにしています。
こんなに重いもの持って、山に行けるかな…(私はしかも腰痛もち)
と思いましたが、もう二度と来れないかもしれません。
そう思ったら、やっぱりきちんと持っていきたい、と思いました。

リュックをしょって、行けるところまで行こうと進みました。
本殿を過ぎ、鳥居が延々と続きます。
f0223565_11124356.jpg

途中、休憩所がありましたが、朝早すぎてまだ開店していませんでした。
少しずつ、登っていきます。
f0223565_11132710.jpg

四辻に出ると、とても眺めのよい風景が広がっていました。
f0223565_111477.jpg

私は実は、ここで道を間違えて、予定とは反対の方向から登っていました。
けれど、美しい森林浴ができましたし、また、どちらかというとなだらかな
道だったのでしょう、私にはちょうどよかったのです。
f0223565_11192857.jpg

私は森林浴を楽しみながら、きれいな蝶々を眺めながら、
そしてふと目を上げるとそこにいるキツネさんの姿に感動しながら、
とても楽しいハイキングを楽しみました。
f0223565_1119545.jpg

沢山いる中で、怖い雰囲気のキツネさんもいましたが、撮っても良いぞ、
とばかりにかっこいいポーズの決まったキツネさんもいました。
イケメンだなぁ、なんて感心しながら登ったり、写真を
撮らせてもらったり。怖いどころか、とても楽しんでいる自分がいました。
f0223565_1120664.jpg

ちっとも怖くなんかない。
それどころか、とても愛嬌があるし、私は完全に勘違いしていたな、
来れて嬉しいなぁと思ったころ。
突然、山頂に着きました。
f0223565_11211911.jpg

あらっ、もう!?
信じられない気持ちでした。
そして、体調も良くない中、登りきれたことに、本当に感謝しながら。
改めて、手を合わせます。
f0223565_11225737.jpg

お社の後ろには、石が祀られていました。
その雰囲気は、まるで沖縄の御嶽のようでした。

また、こちらのお稲荷さんは、さすがに山頂とだけあって、
前掛けがゴージャスです!
f0223565_11251779.jpg

あんまり素敵なんで、撮らせてもらいましたが、やはり貫禄があります。
f0223565_11255775.jpg

とてもさわやかな気分になり、山を下りてほっとすると、
11時を回っていました。
そこで、入り口付近の参集殿で、お昼をいただきました。
もちろんメニューは、きつねうどん☆
f0223565_1133108.jpg

とても甘くて、美味しくて☆
帰りの電車も、短いながらも座ることができ、筋肉痛の体にはありがたかったです。

ちなみに、伏見で購入した「玉の光・酒魂」がとっても美味で、
その後の我が家のお気に入りとなりました☆
美味しいお酒に巡り合えて、とてもありがたかったです^^

伏見稲荷大社の旅、とってもとても大満足でした。
この参拝によって、わたしのお稲荷さんへのイメージががらりと変わりました。
その後も、いつも参拝している神社のお稲荷さんにも変わらず手を合わせていますが、
以前よりもずっと、親しみやすい雰囲気のようなものを感じています。

きっとまた、機会を作って訪れたい、そんな風に思った参拝でした☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2016-09-01 04:47 | 旅・国内