ブログトップ

海の時間

カテゴリ:ここね( 49 )

感謝に包まれて

この春、着物を着る機会がありまして。
ずっと、箪笥の肥やし?と思われていた着物を探すと…

出てくる、出てくる。

今回、着ることになった着物。
沖縄の紅型と言って、成人式の時にも着たものです。
f0223565_185422.jpg


とてもきらびやかな手作りの小物入れ。
分かっているだけで二つありました。
f0223565_1863610.jpg


そして、べっ甲の簪。
これは、曾祖母の形見です。
f0223565_16532090.jpg



すべて、祖母が揃えてくれたもの。
それを、母が大事に取っておいてくれて、今、私が着用することになって。

本当に、感謝だなぁ…と思います。

2016年は、あちこちの神々に会いに行っていました。
今年、同じことができるかどうかはわからないけれど、
神様にも、人にも、感謝を巡らせる年にしたいと思いました☆

☆☆☆心から、ありがとう☆☆☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2017-01-05 18:11 | ここね

2017年の幕開け☆

明けましておめでとうございます。
今年もゆるゆるとまいります☆

ブログは、お伊勢参りで留まってしまっていましたが、
2016年の夏以降は、まるでほんとうにジェットコースターに乗っているかのごとく、
ものすごいスピードで、いろんなことが起こった年でした。

そして、今年2017年は、私にとって変化の年となりそうです。
無事シフトチェンジできるよう、いろんな聖なる存在たちに感謝しつつ
歩んでいけたらと思っています☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2017-01-02 15:42 | ここね

初めて会ったのに、なんだか懐かしい?

そういう感覚を持ったことって、きっとあると思います。
私の場合は、石好きさん達や占い師さんなどの
いわゆるスピ系の人と初めてお会いするとき、
そういう感覚を持つことが多くありました。

大概それは、会う前にブログで長いことやり取りをしていたり、
お相手の方が並外れた霊能力的なものを持っていたり、
スピリチュアルな話が好きな者同士という前提があるものでした。
ですから、「ま、そりゃそうだよね」と思うどこか冷静な自分がいて、
言ってみれば半信半疑だった部分はかなりあったと思います。

でも、そういう前提なしに、なぜだか懐かしいと思う出会いというのは
説明のつきようがないですね。よくよく考えますと、
そういう出会いもたくさん経験していることを思い出しました。

たった一度しか会わなくても、強烈に何か懐かしいと思わせる人
出会ったり、何の疑いもなく一緒に楽しめる人に会うことがあります

実は、そうやって考えると、今のお仕事仲間にも
そういうことを感じさせる人はいます


あまり、何でも前世にくっつけて考えるのはどうかな、とは思いますが、
前からのつながりで、やり直そう、また一緒に楽しもうと思って
寄り添った魂同士であるならば、不快な思いをした時の
ちょっとしたストッパーになるかもしれません。

普段、そういうことを考えることって難しいと思ってました。
ですから、スピリチュアルなことはあくまでも私の趣味の範囲のお話、
不思議好きな私が感じることに過ぎない、と思っていたところがありました。

けれど段々、スピリチュアルなことというのは、
自分のスピ的な範囲の中での話ではないんだな…と思うようになっています。

スピリチュアルな出来事がより現実味を帯びてきた時…
人は、”前”から抱えていた苦しみから解放されたり、
魂が長らくやり遂げたいと思っていたことに目覚めたりして…

そうして、夢から覚めていくのかなって思ったりしています。
[PR]
by yuu-kakei2 | 2015-10-02 11:27 | ここね

前世の話とセットで、生まれ変わりの話も耳にします。

生まれ変わっても、瞳は変わらないそうです。
ヒーラー、占い師、霊能者の方々から一致して聞く話ですが、
瞳には魂が宿っている…ということでしょうか?

あまり前世を知ることに関心のなかった私ですが、
魂というのは、「私」という個人の存在を超えた、
大きなものなのかもしれないな…と思うようになっています。

魂が、つまり心の底から望んだことなら、きっと何度でも生まれ変わり、
何かをやり遂げようとしたり、誰かとやり直そうとするのかもしれません。

そうやって考えると、魂の力は、すごいですね。
愛する人の所、やり直したいと思っている人の所、
生まれたいと思っている所に何とかしてたどり着こうと、
生まれ変わるのですから。

ただ、「私」という個人は、この一生1回限りですから、
大切にしたいなと思います。触れ合う方についてもきっとそうですね。
日々こういうことを考えて過ごそうと思います。
[PR]
by yuu-kakei2 | 2015-09-17 23:17 | ここね

私は、仕事上であるポジションに付いています。
しかし、それが私にはどうしても負担で、どなたかに交替してほしいと
お願いしても聞き入れてもらえず、今年で4年目になりました。

今年に入り、別件で仕事が増えたこともあり、
上司に当たる方にこのポジションは正直にしんどいですと伝えたところ、
何もしなくてもよいと言われたので、文字通り受け取って行動しました。

そして先日、久しぶりにその方と仕事をし、改めて気づかされました。
私があのポジションを心底負担に思っていたのは、その方が
発するよろしくない言霊の影響のせいだったのです。

この上司に当たる方は(正確には上司ではなく同僚です)、
毎週2時間にわたるミーティングでは、仕事の話だけでなく、
そこにいない人の悪口を言いつのっていました。

そのミーティングに出なくなった今年、私の仕事量は別件で
格段に増えたにもかかわらず、精神的はとても楽になったのです。

職場といいますか、世の中にはいろんな人がいますから、
どうしても文句の一つや二つは出てくるものと思います。

しかし、口にすると、言葉に魂が宿ってしまうのです。
悪口や愚痴というのは、言っている人はもちろんのこと、
聞いている人の心を支配し、面白くない気持ちにさせ、
新たな不平不満を生み出す良くない力があると思います。
悪口を言うことによる連帯感など一時的なもので、
自分の人生を良くしたりはしないと思います。

私は、他人の悪口や愚痴を聞かされることに
私の人生の貴重な時間を費やしたくありません。
それにようやく気付いた私は、最近、誰の悪口も言わず、
またそれを聞くこともしないよう心がけています。

しかし、相談窓口などで働いていたり、カウンセリングの
お仕事をしていたりと、立場上それが難しい人もいるかもしれませんね。
そんな方には、好きなことをなるべくするようにし、
お気に入りの神社仏閣にお参りしたりするのがいいのかなと思います。
それから、同調して良からぬ言葉を発することなく、
ご自身で美しい言葉を発するよう心がけるのが良いのではないかと思います。

良からぬ言霊に引っかかり、自分の心も曇らないようにしたいですね。
誰だってそう願っているはずなのですから、まずは自分から
始めたいと思っています。
[PR]
by yuu-kakei2 | 2015-09-07 22:43 | ここね

花の季節

f0223565_14304189.jpg

花はいいですね。
見ているだけでも、気持ちが軽やかになります。
f0223565_14305590.jpg

天国はまるで花畑だった…
f0223565_14311345.jpg

臨死体験をされた方のこのような話がありますが、
分かる気がします。
f0223565_14312859.jpg

花といると、神々の世界の波動と繋がりやすくなるようです。
[PR]
by yuu-kakei2 | 2015-04-10 14:34 | ここね

晴天の…

久しぶりの晴天の中、買い物から帰ってくると、
何だか不安気な顔をした見知らぬ女性が、家の前の
道路できょろきょろしていました。

すると、大きな黒い車が音もなく停車したのを皮切りに、
次々と大小の車が停まり始め、
家の前が何か物々しい雰囲気に包まれました。

何事か…と思っていると、救急車がやってきて、
さらに警察官が数人、お向かいのアパートへと入っていきます。
先ほどの女性は、泣きながら警官に何か話をしている模様。

やがて、2名のお巡りさんが家にやってきて、
一人暮らしだったアパートの男性が、どうやら
数日前に亡くなっていた、ということを知らされました。

出社してこないので、会社の人が見に来た所、
分かったことでした。女性は会社の人のようです。

警察は、親戚と大家さんに連絡を取りたいので、
何か知らないか、と家まで来たのでした。
しかし、私達もそこまで詳しいことはよく知りません。
むしろ、警察の力でお調べになって下さい、という展開でした。

近所の方がどんな職業に就いているかと分かっても、
どの会社にお勤めしているか、どんな親戚の方がいるのか、までは、
当人から話すことがない限り、こちらから聞くことはまずないと思うのです。
根っからの住人同士ならいざ知らず、
他人のプライバシーに立ち入るようなことは、聞くべきではない…
少なくとも、私はそういう感覚の人の多い所で育ちました。

けれども、お一人で亡くなっていたかと思うと…
なんだか、虚無感を覚えます。

その方には一度、雪で私の車が立ち往生していた時、
雪掻きをして下さって本当に助かりました。
近所に住んでいれば、親しくはならなくても、
触れ合う機会はあるものです。

おそらく都心でもどこでも、こういうことは増えているのでしょう。
これからは、特にお一人暮らしの方に対しては、
年齢に関係なく、お声かけをする…そういうことが大切かな、と思いました。

ご冥福をお祈りいたしております。
[PR]
by yuu-kakei2 | 2015-02-16 17:20 | ここね

あともう少し

f0223565_1711930.jpg

縁あって私の手元に来てくれた石達。
今日も、美しい夕日に照らされ、光り輝いていました。

その光は、私自身が居なくなっても、
きっとそこにあるわけで…

この命が尽きる前に、
自然に、あるいはこの石を守ってくれる縁ある人に、
渡して行かなくては…
そんな風に思いました。

縁あった時を共に過ごせたことに感謝できた時…
きっと、手放すことができるのでしょう。
その時まで、あともう少し。
そばにいて、力を貸してくれると…嬉しい。

出会いと別れの季節が巡ってきたからでしょうか?
無性に、誰かを懐かしくなったり、
今共にいる時を切なく、ありがたく感じる毎日なのです。
[PR]
by yuu-kakei2 | 2015-02-06 17:16 | ここね

風の声を聞け

f0223565_22105181.jpg

これは、2012年、ダートムーアの旅で撮ったものです。
その時の言葉は、こちらに載せました。
そして、以下が約1年後に読み返したコメントでした。

☆☆☆☆2013年9月追記コメント☆☆☆☆

この景色を眺めながら、風の音を聞きながら…

なんだか、それはもう、はるかな大昔の、
長老のような人が、こんなことを
私に伝えているような気がしました。

うまく、言葉には出来ないのだけれど…
失った、何か。
そんな思いに、心が強く反応しました。

そして、祈りとは…
失ってしまった何かと、繋がるツール。
そんな風に、今は感じています。

永遠に何かを失ってしまった喪失感と、
そして、またいつかきっと…そんな、強い脈動を
感じる、不思議な不思議な時間でした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この時は、まだアトランティスだとかそういったものを
全く意識していませんでした。

さて、2015年明けて早々、なぜ改めてこの写真が気になったのでしょうか?
それは、さっぱり分かりませんが…

やはり「祈り」とは、自らにつながるツールだと思います。
一見何も語らない石達は、それを助け…
私達の人生に、新しい風を運んでくるのでしょう。

今年も、たくさんのよきことが運ばれますように。
石とひっそりと語らいながら、そんなことを思いました☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2015-01-17 22:14 | ここね

クリスマスイブのお花

こんにちは♪

皆様、お元気ですか?

今日はもうクリスマスイブなんですね~。
何だか、年末という感覚がまだ今一つな私です。

さて、先日、東京へ訪問してきました。
もちろん仕事の一環ですが、石友達と会ったりして、
こういう風景もちゃんと堪能できました♪
f0223565_11414259.jpg

こちらは、丸ビルのツリー。きれいですね^^
f0223565_1144122.jpg


こちら北陸は、少し早い初雪で、その後何度か降ってはいますが、
遠出をしない限り、交通に大きな支障はない模様です。

そうそう、東京から戻る日のことです。
東京駅で切符を求める時、「北陸の方は電車動いてますよね?」と確認しますと、
「はい、何も聞いておりませんが?何か動いていないという情報でも入っているんですか?」と、
なんだか逆に問い詰めるような感じのおこたえが返ってきました。

対応をしていた女性社員は、若い方でした。
きっと、北陸の方は、やれ強風だ、霧だ、雪だと、すぐに電車が止まる、
ということをご存じないのでしょう。あるいは、単に虫の居所が悪かったのかもしれません。

ところで、JRは、管轄によって払い戻しが受けられる地域が違う、
ということをご存知でしたか?私は、数年前まで知りませんでした。

数年前の1月、やはり大雪に見舞われ、北陸の特急が全線運休となった時のことです。
私は仕事でどうしても東京へ行かなくてはならなかったので、
何とか動いている在来線を乗り継ぎ、「米原駅」という駅へ辿り着きました。
ここから新幹線に乗り換えるので、後は一安心といった所です。

この米原駅、いつも大変混んでいます。
おそらく、新幹線への乗り継ぎ客が入ってきた時の、一時的な混雑とは思いますけれど、
私が物ごころついた時からですから、相当長い歴史ですね(笑)

大変込み合う中、ようやく順番が来まして、特急料金の払い戻しを受けようとしました所、
「ここでは扱いいたしておりません」と、にべもなく断られてしまいました。
米原駅は、どうやらJR東海の管轄?なのだそうで、
払い戻しは発券されたJR西日本で受けてください、とのことでした。

吹雪で散々遅れ、凍るような寒さの中、やっと移動してきた利用客に対して、
何ということでしょう…と、目を白黒させたものです。

この時以来、電車で東京へは行っていません。

今回は、予約をしていました帰りの飛行機まで
たまたま時間がありましたので、予報されていた大雪を危惧し、
早めに帰ろうと、電車へと変更をしたのでした。

当日の米原駅は、上越新幹線が運休となった影響もあったのでしょうか、
いつも以上に混んでいました。
今回改めまして、やはり電車は出来る限り使わないでおきましょう、と思った次第です。

そういえば、北陸新幹線、もうすぐで開通ですね^^
あいにく、私の利用しています駅までは来ませんし、
時間も5分と変わらず割高となるということですから、
やはり電車利用はなるべく避けようと思っています。

…と、まぁ、電車のお話が長くなってしまいましたが(笑)、
今日は、素敵なお花を見つけました☆
f0223565_1213933.jpg

雪の中で咲いている越前水仙です。
とても可愛らしくて、思わずカメラに収めました。
f0223565_1218476.jpg

天候や、周囲の雑音など関係なく、この花のようにマイペースに
私らしく生きていきましょう…そう思ったクリスマスイブでした☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-12-24 12:40 | ここね