ブログトップ

海の時間

カテゴリ:ここね( 49 )

We shall never give up.

f0223565_18193537.jpg


This logo was on the front page of The Independent, 13 March.

Since I'd never imagined such a direct and encouraging message would appear one
of the leading newspapers in the UK, I was so moved to tears.

I thought Japan was always kept at a distanse by many countries for some reasons. Some don't like us because we hurt a lot of innocent people in wartime, while
others hate to see our economic success, or maybe, there might be racial
discrimination. I do not know the exact reason, but somehow I thought we are
the nation destined to compensate for our wartime atrocities forever and work
hard for nothing.

So I was very surprised to see many rescuers from all over the world coming to
support us. When I found many people around the world pray for us, I was so moved.

I am deeply grateful for your kind help. I really thank you.

Now I feel we are not alone. And this feeling gives us a lot of power:
the power to fight back.

Natural disasters repeatedly hit Japan since our history started. All the time,
nature was hard on us, and we never be able to win the battle
against it.

However, we never lost our wisdom either. We know how to survive: being prepared,
patient, working togher, and uniting our hearts.

This time the worst disaster in our history challanges us. We never thought
such a big earthquake, tsunami and fear of destroyed Power Plants
would happen.

We didn't prepare for this, but yes, people in snowy Tohoku area are very,
very patient. I believe that they would survive.

Your support gave us a lot of power. Thank you for your encouragement,
prayers, heartwarming messages. I am now ready to work for saving
people in Tohoku area.

Our hearts are always with you. Yes, we shall never give up!
[PR]
by yuu-kakei2 | 2011-03-16 18:45 | ここね

はやぶさ現る♪

f0223565_11252494.jpg

さりげなく、ラジオで宣伝され…

ええ~、本当にあの「はやぶさ」が来るの!?
と思ったら、翌日テレビニュースで放映され、本当だった!!

ということで、早速行ってまいりました♪

はやぶさのmovie、上映しておりました。うわ、泣ける…

「月以外の天体に着陸した探査機が帰還したのは世界初」!
おおおお~そうなんですね!

こちらの「今週のはやぶさ君」日記も、読んでいるだけで追体験できます。

満身創痍になっても、あきらめずに戻ることを信じて様々な努力を重ねた人たち。
人間の力の、それこそ宇宙ほどにも深遠な可能性を示してくれたな…と思いました。

あんな遠くにいても、行方不明になっても、
アンテナを張っていれば、通じ合うんだねぇ…(ホロリ)

本当に、改めて心から感動しました。
素敵な感動をありがとう☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2011-01-10 22:57 | ここね

ありがとう☆

f0223565_21391858.jpg


今年もあと少しとなってしまいました!
皆様は、どんな一年間をお過ごしでしたでしょうか?

職場で人々が吐き出す毒気?をまともに受けて体調崩したり、
オトナの人間関係の難しさに戸惑う場面もありましたが…

おかげで、「境界線」の張り方とか、
全てを「感謝」で終わらせる方法とか、
いろんなことを学ばせてもらいました。

同時に、自分がこれからやりたいことのビジョンが少しずつ
見えてきて、それに向けてやるべきことも分かってきました。

それから、目に見えない世界では、新たなる発見もあったりして…(笑)

面白いことに、現実の世界で起きていることと、
見えない世界で起きていることが、
ものっすごく繋がってきていることを…
改めて感じています。

ひとつひとつが、学びだなって思ったり。
そして、ひとつひとつに、やはり「感謝」なんだなって思うのであります☆

さて、明後日より、今年最後の旅へと出てまいります♪
今年を締めくくる旅、きっとこれも、次につながる重要な旅なのかな♪
わくわくしています☆

それでは皆様、一年間、ありがとうございました♪
どうぞよいお年を…☆☆☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2010-12-23 21:55 | ここね

「ありがとう」のパワー

久しぶりに、使ってみた。

「ありがとう」

ものすごく、温かくなるパワーがある言葉と気付いた。

「ありがとう」が言えないときは、
何か、マイナスなものでいっぱいいっぱいに
なっている時なんだなぁ…

疲れた時は、「ありがとう」と呟いてみる。
言霊パワー、侮れない☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2010-11-14 11:18 | ここね

神様がくれた時間

f0223565_16195265.jpg


この夏、仕事関係でとある国へ行ってきました。

その時、私はこれまでにもない、とんでもない経験をしてしまいました。

・往復のフライトがキャンセル&空港で往復とも一泊することに
・旅行中、デジカメが壊れて写真がとれなくなる
・航空会社が用意したホテルでとても不愉快な目にあう
・帰国後、持病が再発、しばらくしんどい思いをする

これだけ読んでも、ありゃりゃ、って感じなんですが、
よーく振り返ってみると、実は旅立つ前から暗雲は
立ち込めていたんですよね。

いま旅日記で綴っているマルタ島へ行ってから、
しみじみ、外へ行くのがしんどいな…と思うようになっていました。
毎日の仕事上のストレスが、少しずつ私の心を
曇らせていたのか、その時からすでにハートが望むものが
見えなくなりつつあったのかもしれません。

そこへ持ってきて、今回の行先は、もともと苦手意識を持っていて、
乗り気ゼロと言ってもいいくらいでした。

そんな私の気持ちなど全くお構いなしかの如く、
仕事はどんどんハードになり、出発前には
自分ではどうにも処理できない事件が発生し、
ついに身体が悲鳴をあげ、前日に病院へ行くという羽目に陥り、
そして、旅行中は先ほどのような悲劇的?展開だったわけなのです。

いったい、何のために私はあの国へ出かけたの??
あの国は、私と相性が悪いのかしら??

…と、帰国後もしばらく、どうしようもない不快感が募っていたのですが…

いつもいつも時間がなく、ブログから遠ざかった生活だったけど、
空港での足止めは、私に思わぬ時間をくれました。
その時、久しぶりに自分のブログを読み返したのですよね。

暇つぶしに読んでいくうちに、いつのまに私はこういう
心の言の葉をつづる、とても豊かで潤いのある時間を
削ってしまったのだろう…と思いました。

忙しさに気を取られると、本来のハートが望んでることを曇らせてしまう。
そして、ハートが望んでいるのとは違う方向へ進むと…
「そっちじゃないよ」って、すべてのことが指さしてくるんですよね。

今回の旅は、私の曇った意識が具現化されちゃった事件?なのかなぁ…
なんて思ったりしています。

今、クリアな目で見てみると、今回の旅で、
私はたくさんの出会いも経験したのです。
それは今の私に繋がる、あの時あの場所でなければ実現しなかった、
とても貴重で素敵な出会いだったのですよね。

大変な思いもしたけれど、あれはあれで、
自分の未熟さを少々棘?のある方法で教えてくれた、
やはり意味のある経験だったのだ…などと今は思ったりしています。

現在は、どんなに忙しくても、自分の時間を作るようにしています。
心身ともに健康でいるためには、時間も必要だし、
植物に水やりをするように、ハートにも潤いが必要なんだよね…

そんなことを気付かせてくれた旅だったように今は思っているのです☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2010-09-11 16:27 | ここね

パラレル・ワールド

こんな風に感じたことってないでしょうか。

・行ったことがないのに、なぜか懐かしい。
・初めて会った人なのに、どこか懐かしい。
・興味もないのに、なぜか縁がある。

人って、自分の意識を実現できる生き物だから、
たいていは、「ああ~ここ行きたいな☆」「こんな人生を送りたいな☆」なんて
ぼんやりと思っていることが、結構実現できているものだと思うんですよね。

だけど、こうした感覚については、まったく自分の意識とは
関係ないところで、なにかが働いているとしか
思いようがない現象だと思うんです。

私がよく聞くのは、「過去生で、どこかで会っている」という話。
「そうかもね」としか答えようのない話なんですけれども、
そういう現象を信じなくもない私は、それもありかなって思ったりします。

でも、ときどきなんですが、過去とも限らないような…
うまく言葉にできないんですけれども、もしかして、未来からも
繋がってるような…そんな気がしたりする時が、ふっとあったりします。

たとえば、行ったこともない土地の、聞いたこともないような歌を聞いて、
何とも言えない感覚を持つとき、
あれ、ひょっとして自分は、未来にここで住んでるのかな?
あるいは、未来に住んでいる自分と、シンクロしちゃってるのかな?
なんて思う時があったりして…

「過去生」があるというのなら、「今」の私だって、
「未来」の私からすれば過去生になるんですよね。

だとしたならば、今ここで生きている私がすることは、
すべての私と繋がってるといいますか。
今ここで私がすることは、過去の自分も、未来の自分も変えることができるし、
その逆だってあり得るわけですよね。

ならば、過去も現在も未来も、「魂」レベルで見たならば、
パラレルワールドにあるのかもしれない。

そんな風に思い始めている、今日この頃なのです。
[PR]
by yuu-kakei2 | 2010-09-03 11:46 | ここね

お帰り☆

「お帰り」

その優しく

すべてを許し包み込んでくれるような言葉に

いつまでもいつまでも

甘えていたいのです
[PR]
by yuu-kakei2 | 2010-08-17 23:52 | ここね

回顧の旅だった月の時間

旅を終え、私は一人大海原に出た。

けれど、時空を超えた魂の友が、私に語りかける。

過去・現在・未来は交錯しているということを…

いま私は、現実世界にて

荒波、さざなみ、色んな波を体験する海の時間にいる。

そんな時こそ、自らのハートの光を照らし出してくれる、

星の友との繋がりが必要なのだ。

海にもまれながらも、

自らのハートの光を感じたいと思っているあなたと共に、

前へと進んで行きたいと思っています^^

ヨロシクね☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2010-08-14 18:57 | ここね

旅物語を綴る理由

旅物語を記録する時、ふと思う。

いいことばかりを経験しているわけではない。
旅に出て、なんのために行ったのやらわからない、というような思いだってする。

だけどそんな時は、大抵、心の目が開いていない時。

私達は、見たいものを見ている。
たくさんの雑音も耳にする。
だけど、それら外部からの音をシャットアウトし、
歪んだ記憶ではなく、シンプルな経験だけをピュアに書きだそうとする時…

真の姿を見ようと、心が研ぎ澄まされてゆく。

そして、見えてきた真実は、
全ての経験は、愛に包まれている。
そう信じたい。

ぼんやりとしか見えない愛の姿を、明確にする。
それが私の旅物語を綴る理由なのかもしれません。
[PR]
by yuu-kakei2 | 2010-03-07 22:38 | ここね