ブログトップ

海の時間

「イニシエーター」と名のついた石が、巡ってきました

ちょうど、ノリノリでライフワークに取り組み始めた時だから、
お仕事に関連するような、こっちの石と関係あるような石だと
思っていました。

ところが、手に取ってみると…
私が予想してたのとは、ちょっと違う次元の光を
イニシエートする石だってことを感じました。
f0223565_18133160.jpg

そして、瞑想ごっこをしてみると…
ここから先は、またも妄想ワールドです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

白い女性が、巨大な石へと私(=Zさん)を案内します。
発光する巨大なその石は、叡智の塊みたいなもので、
どうやらZさんは、その一部を「購入」した模様。

それが、このワンド。

Zさんは、これを自分のコレクションに収めるんですが、
いずれ崩壊の時がやってきます。
Zさんは、全てを地球に託そうとし、その石も炎に包まれるんだけど…
火の鳥がわざわざ取り出し、Zさんに戻したのでした。

この石には、おおざっぱに言って、二つのものが込められていました。

一つは、最初に手にした通りの、純粋なる、偉大なる智慧。
もう一つは、Zさん自身のこと。
この石(智慧)を開示する者には、必要だと思った様子です。

さて、ここで百歩譲って、Zさんが私のパストライフだったとして、
なぜ、よりによって「私」ばかりが、Zさんに関わる
石をいくつも手にするのかと、不思議に思いました。

返ってきた答えは、こうでした。

 火の鳥が、こう言った。
 使うべき時に、使えって。
 そして、一度イニシエートされたなら、もう止まらない。

 叡智をどう使うかは、手にした者次第だけど…
 それが流れ込んでくることを、止めることはできないよ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一度イニシエートされたなら、どうにも止まらない…
というくだり、「え、待ってこれ、遊びじゃなかったの?」と
思ってしまいました。

石との瞑想は、趣味の話なんだけど…

太古の叡智と、現在を繋げるワンド。
石が見せる幻想と現実を繋げるような、
統合させるような石が、巡ってきたから。

この石は、幻想や妄想だと思っていたことを、
現実世界で具現化させる力があるみたいだから…
いまさら、ちょっとビビった次第。

恐がってる場合ではないですね!
いっそのこと、楽しんじゃいましょう!!

ということで、面白いことになりそうです♪
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-01-31 20:24 | パラレル・ストーリー

「パラレル・ストーリー」のカテゴリーでお話する内容は、
全て私の妄想からきているものです。もちろん。

主にパストライフ、過去世と呼ばれる内容ですが、
特に、Zさんに関わるお話が多いです。

このZさん、石と関わる時、
どうしても、何度も何度も出てくるので…
ついに、カテゴリーを改めて作ることにしました。

どこかでも語ったけれど、
時間軸は一つとは限らないわけで。

だとしたら、過去だと思っていることも、
実は多元的に起きていることもあるわけで、
私たちの言う未来のことかもしれないわけで。

つまり私が言いたいのは、過去世は
今の私にとても関係のある内容だと
思うのです。

だから、繰り返し出てくるZさんの行方は、
やっぱり受け止めるべきかな、と思った次第。

Zさんは私だから。

そして、この奇妙な、記憶という名の妄想を、
もしかして共有する仲間がいるかもしれないから。

石を通して見つめた多次元の生を、
ここにつぶやいてみようかなって思ってます。
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-01-30 21:34 | パラレル・ストーリー

ことだま3・“呪”

こんにちは♪

先日、図書館によって、いろいろ本を物色しました。
たまには、小説も読みたいなー、と思った所、
「陰陽師」という小説が目に入りました。

随分昔に、マンガか何かで流行っていたような…
そういえば、たんたんさんの所でも京都関連の
陰陽師系の話を読んだような、読まなかったような?

ということで、人気本らしいから、読んでみることにしました。

それで、一番最初に出てきたのが、“呪”というテーマで、
一番短い呪いは名、つまり名前が人を制限する、というお話でした。

赤ん坊に、「yuu」という名前を付けることによって、
その赤ん坊はその瞬間から「yuu」に制限される、
ということらしいです。

確かになー、と思いました。

名前を変えてしまったら、それこそ別人になったような
気がするかも…しれませんよねー。

ちなみに、ある人の話だと、名前でさえ
生まれる前から決めて来てるんだ、とか。

もし名前がその人自身を制限するというのであれば、
運命をも支配するわけで。
何らかの目的やら使命やらを持って生まれてくるんだとしたら、
またそれも至極当然、ということでしょうか。

自分に付けられた名を考えると、
親の愛だとかを感じますが、それとは全く別に、
自分はどういうことをしようとしてこの世に生れてきたのかな…
ってことが、分かるのかも、しれないですねぇ。

ものすごく単純ですけど、改めて
言霊パワーを考えさせられた内容でした。
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-01-29 22:01 | 不思議話

f0223565_21181297.jpg

クリスタルヒーリングを学んでからというもの、
益々石に対する興味が増え、また石友達が増え、
とっても嬉しい限り…♪

で、これを、現実にどう統合させるのかなって、考えてたんですが。

私、今のお仕事好きだな~って、思うんです。
人間関係に疲れる部分もあるのですが、
それを全部帳消しにしちゃうような瞬間っていうのが
あったりして…この仕事やってて良かったなぁ~って。

そんな風に思える瞬間が、一瞬でもあったらそれは…
それはそれは、ラッキーなことでありまして。
これってやっぱり、ライフワークって呼んでもいいんじゃないかな!

って思うくらい、明るくなった時。

ふと以前、光溢れる仕事ができるよう祈った時、
手元に巡ってきた石のことを思い出しました。

こちらのミーアさんの記事にある、大きな石。

魂のワーク。
ライフワーク。

それが何であったとしても、
携わることができる喜び、感動を感じた時が、
宇宙の意図と完全に繋がるタイミング…
それがたとえ一瞬だったとしても、
石が神殿になるタイミングなのかもしれないって、
初めて、ぞくぞくしました。

つい先日も、珍しくこの石から何かを語ろうと
していた感じだったけど


石は、知ってるんだな。
神殿に、光が宿るタイミングが、必ずあることを。

これから、どんどん、そんな瞬間を増やして行こう!
多分、そうすることで、石の幻想と現実が、もっともっと
繋がっていくんじゃないかなー…と思いました。
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-01-26 21:20 | 石のこぼれ話

ことだま2・アメジスト

f0223565_15274559.jpg

さて、こちらでお話ししましたアメジストポイント
この石は、私が海外で求めた数少ない石の一つです。

こちらの記事でもちらっと触れましたが
イグアスの滝@南米は、アルゼンチン側、ブラジル側から眺めることができます。

移動途中、3カ国をまたがる川(パラナ川、イグアス川の合流地点)を過ぎたりと、
それなりに見どころはあったのですが、
f0223565_1536846.jpg

も~疲れた、てな具合で、
バスの中でぐったりと寝てたんです。

その後、長めの休憩を取るので、とりあえず全員外に出ろ、
という雰囲気の中、しぶしぶ外へ出た所。

お土産屋さんに、ずらりと石が並んでたんですね。
それも、半端なく、巨大な。
ペトリファイドウッドが椅子代わりに使われてて…
何ともありえない風景でした。

で、寝ぼけ眼なまま(今ほど石好きと自覚してなかった)、
見るとはなしに見て、何となく購入したのがこのアメジストでした。

というわけで、正真正銘、ブラジル産のアメジスト。
ですので、てっきり、遊ぶ時は、あのエネルギッシュなイメージのある
国の風景でも浮かぶのかと思っていたんですが…

全く、違いました。
そして、具体的なメッセージとして浮かんだのは、「愛の言葉」でした。

私はその時、「ことば」「言霊」についてちょっと
考えていた時だったので、そういうメッセージを得たのかな、と思います。

「愛の言葉」。
私から皆に伝わる言葉が、愛の言葉になるように意図しよう♪
お坊さんから頂いた言葉、ということで、
般若心経も忘れずに唱えよう!と思った次第。

その後、仕事でのアイディアが沢山浮かんできて、
瞑想中に仕事のことを考えたことはなかったから、
これはきっと石からのメッセージなんだな、と思いました。

産地のブラジルとは程遠いイメージだったけど、
きっと石は、その人に必要なメッセージなりを、分かりやすく
伝えてくれようとしてるものなのかな…と思いました。

今も、虹が増えています。
f0223565_1614119.jpg

本当に、石って、素敵ですよネ☆
f0223565_1631698.jpg

[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-01-19 10:18 | 石のこぼれ話

ことだま1

こんにちは♪

最近、思い立って、ちょっと色々本を読んでます。

昨年は、ほぼ1年間、気がつくとスピ系の
本やら記事やらばかり読んでいたんです。

それで、大層久しぶりに仕事関係の本を、
いくつか読み始めたわけなんですけれども…
そのうちの1冊が。

?????????????

読んでいて、「痛い」んです。
なんかね、「ツンツン」するんです。

そこで、ハッとしました。
もしやこれ、書いている人の「怒り」を感じてしまったのかな?

そう思ったのは、今の所その1冊だけです。

単に、中身が好きになれないだけかも。

と思いつつ。

スピでも小説でもなく、現実的な本を読んで、
こんな風に思ったのは初めてでした。

そうやって考えると、ブログやツイッターの言葉って、
もっとダイレクトにエネルギーが宿るんだろうな、と思いました。

だからこそ、革命ともいえる社会現象を巻き起こすほどになったり、
国の議員までもが辞職に追い込まれるほどになったりするのかな。

すごいね…言葉のエネルギー。

やっぱり、お経とかって、すごいんだろーなーと、
今更変な所から納得してみたり。

何となくですが、「言霊」って、こういうことなのかなー、
と思った出来事でした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この記事を書いたのはちょっと前なのですが、
それ以降、なんだか立て続けに「言葉」に関する
記事などを読んだりする機会があったので、
ちょっとシリーズ化してみま~す♪
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-01-17 20:09 | 不思議話

普段、石とのアレコレ対話はこちらに載せているのですが、
それでも収まりきれないほどの、何かを携えている石なので、
改めてこちらでもアップデートすることにしました。
f0223565_8471569.jpg

実際には、手のひらに収まるサイズなんですけれども、
私にとっては、何となく畏れ多い石。
ですので、本当に、ずっと「はは~っ」ひれふするばかりに
大事に扱い、手にも取っていませんでした。

が。

昨年末ごろから、やたらに、この石が…呼ぶ。
どう呼んでいるかって??

「おれの力を、発揮する時が来た!!!」

「おれを、連れて行け!!!」

「おれが、守ってやるぜ!!!」

(こんな下品ないい方じゃないと思うんですけどね、本当は、
「私の力を発揮する時が来ました。
あなたの行く所へ、私を連れて行くとよいでしょう。
私が、全力で、あなたが最も優れた道を進めるよう、
守って差し上げましょう」
という風に言ってるのではないかと。でも、私が訳すとこんな感じ)

色のせいか、男性的な力強さを感じます。
中に映る光の、神々しさには…本当に、驚くばかりで。
この虹は、ファセット全体に映るんです。
f0223565_853350.jpg

先日、改めて瞑想してみたんですが、
前回とはまた違ったものが見えてきました。

やたらに、「エジプト」というキーワードが出てきます。
エジプト、好きだな私…。
それから、ピラミッドや宇宙を超え、もっと何か、どでかい…
全く別の次元が、存在する…かもしれない、と感じました。

それが、エレスチャルによく言われる「天使の領域」というものでしょうか?
全く分かりませんよ。
だけれど、「宇宙より大きな何か」という存在を感じたのは、
これが初めてでした。

エレスチャル、奥深い…
畏れ多いけど、力を発揮する時が来た、みたいだから…

今年、そばにいてもらうことにします☆
f0223565_8585862.jpg

[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-01-11 10:02 | 石のこぼれ話

2014年!

f0223565_16251356.jpg
明けましておめでとうございます☆
今年もヨロシクお願いしまーす☆

さて、いよいよ明けちゃった2014年ですが、
みなさま、どんな年にしようとお考えでしょうか?

私は、今年はズバリ、「大事な年」となりそうです!
尊敬する占い師の方によりますと、
(気にするから云々とか何とか言いながらやっぱ占いは好きだ!笑)
「努力と学び、希望、改革」というキーワードがちらついている模様…

元旦から新月でしたし、きっと何かが変わってくんだろーなー。
今年は、その「何か」を自分にとって最高のものにすべく、
心して過ごし、準備する年、となりそうです。

ということで、今年に入ってから(ってまだ数日ですが)、PCを開けたらまず、
ずっと前から頭の中で構想していた内容に関する仕事を、
ほんの数分でもすることにしました。

「仕事」って書くとつまんなさそう&ストレスフルそうなんですが、
私はこれ、ライフワーク、魂のワークだと勝手に思ってます。

昨年は趣味に没頭し、充実した時間を過ごせました。
おかげで、新鮮な気持ちで、新たに取り組むことができそうです。
やるしかない!

さて、こんな私ですが、今年も一緒に遊んでください☆
もちろん、石オタクも全開で参ります!!!
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-01-05 16:29 | ここね