ブログトップ

海の時間

3月1日は新月ですね!

仕事が済んだら、瞑想会にでも参加しようかなと、
あれこれ考えながら空けておいたんですが…
結局、久しぶりに姉と会うことになりました。
ま、全ては必然だってゆーから、
思いっきり美味しいご飯食べて楽しもうと思ってます☆

さて、先日、久しぶりにクリスタルヒーリングをしました^^
(またも)久しぶりだったがゆえに、いつも以上に
準備には時間をかけました。
石たちに、「お~い、出番だよー、起きて~☆」と伝えつつ。

そして、第7~第4チャクラでは、静かな展開でした。
第4では、ハートが深く深く傷ついてる様子だったので、
何と言ってもローズクォーツ。九頭竜湖付近で手に入れた、
ちょっと大ぶりの、ハート型の石。最近、虹色に光り出したから…
第4チャクラでは、終始寝てしまっている様子でした。

久しぶりのせいか、何事もなくスイスイね~、と思っていたら…
その次の第3チャクラで、とんでもないことが起きました。

といっても、私のイメージの中ですけれどね。

石が、ものすごーーーく、強いんです。
押し返されるような感じというべきか。

最近、私自身、やたらに黄色い石に目が行くんですが、
対象者が必要としていたのか、私がたまたまその
波長と合ったのか、とにかく。

黄金の龍が出てきたときには、心底たまげました。

…もちろん、イメージですよ。

それにしても、こうはっきりと、龍の姿を感じるのは稀でありまして。
何だか本当に、エネルギーーーーって感じで、
初めてここで汗かいちゃいました。

その次の第2チャクラには、スモーキーを。
対象者は、スモーキーと相性が良く、かつここに
色々溜めているから、大掃除って意味で。

どんどん、吸うーーーーというイメージです。
とにかく、吸っていく。溜めた黒いものを取るのと同時に、
石のエネルギーがどんどん吸い込まれてく~、そんな感じで…

最後の第1チャクラでは、ケセラストーンを。
この石も、パワフルでした。最後のチャクラにふさわしい
エネルギーを発していたように感じました。

…これ、あくまでも、全て私の想像ですよ。

でも、対象者も、「第1~第3にかけてが半端なかった。
全て、身体の悪い部分へ力が集中していくようだった」
と言っていたので、まんざらでもない模様です。

今回のヒーリングで私が知ったのは、
やはり、何かを携えていると思われる石は、
強いんだなってことでした。

当たり前なんですが、同じ種類の石ならば
いいのではないかって思いますよね。

実際、いいのだと思います。

でも、何かを携えている石は、
活性化の仕方、速さが、並じゃないと感じました。
強いんですね~。

長いこと石と遊んでますが、今回改めて、
何かを秘めていると思われる石の強さを
目の当たりにした次第。
なんだかとても嬉しかったし、楽しかったです♪

これが、第3チャクラにあてた石。
お気に入りのシトリンです♪
f0223565_2141133.jpg

[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-02-28 21:21 | 不思議話

f0223565_22172051.jpg

ガンジス河に訪れた時のことです。

こう言ってはなんだけど、どう見ても、どう考えても、
きれいとは言い難いと思うのです。衛生的には。

だけど、美しいもの、醜いもの、きれいなもの、汚いもの、
富めるもの、貧しいもの、死んでゆくもの、生まれてくるもの…

全てが一挙に、同じ次元に混在してて、
世界の縮図のようで…

私には、とても、とても美しく見えました。
衝撃的ですら、ありました。
予想してはいたけど、予想をはるかに超える風景でした。

これまで訪れた国の中で、いくつか心に残る川があるのだけど、
この河は、それらとはまるで別格という感じで、
私の中で、崇高なる位置を占めています。

生かされている。

毎日、当たり前のように享受している幸せが不意に得られなくなると、
人はえてして、傲慢に…なってしまうんですよね、意図しなくても。

でも、この河のことを思い出すと…しみじみと、思います。

私たちは、生かされている。
神様、仏様の愛に包まれて。

腹が立ったり、落ち込んだり、何しろ面白くない気分の時に、
ふっと気持ちを逸らせて、この風景とか、この言葉を
ちょっと思いだせるようになれたらいいなって思う今日この頃…であります☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-02-16 22:22 | ここね

雪に思うこと☆

こんにちは☆

関東では雪が降って大変な影響が出たみたいですね。
早く元通りになるといいですね^^

私も雪にはいろんな思いがあります。
雪国育ちの母は、東京の冬は雪がなくて寂しい、とか
言ってましたが、あんなの邪魔なだけじゃん、とよく思ったものです。

こちらに越してからは、冬のニュースで明日は雪と聞くと、ぞっとしました。
一晩で30センチとか40センチとか平気で降ってしまうのです。
当然、電車、車、飛行機、全ての移動手段が、
通常の倍以上の時間を要します。

そんなわけで、冬は遠方へ出る予定が立ちません。
分刻みで都内を縦横無尽に走ってた生活だったのに、
雪という自然現象で、全ての予定が崩れていく、
そんな生活を、最初はかなり受け容れがたかったです。

でも、しょうがないんですよね。
だって、自然現象なんだもの。
それに寄り添って生きていくしかないんです、ほんと。

そんな風に思えるようになったのは、
こっちに来て約9年、今年が初めてかもしれません。

それに、地方という所は、人付き合いを本当に大切にしますね。
そういう付き合いは、こういう時にこそ力を発揮するようです。

私が古いスタットレスタイヤで滑りまくって困っていた時、
近所の方が深い雪を一生懸命掘ってくれました。
困った時は助け合うのが当たり前なんでしょうが、
やはりこういうことが多いと、地域との繋がりというのは
大切なんだなって身に染みて感じずにはいられませんでした。

それから、冬は曇天ばかり続くこちらの気候では、
雪が降るとわずかな光が反射して、とても明るくなります。
また、町も静かになって、暖かい部屋に籠りながら
しんしんと降る雪を眺めていると、
こういうのもなんだかいいなって思ったりします。

雪って案外、悪いことだらけでもないんだなって、
最近ようやく思うようになっています。

といっても、降り過ぎは困りますけどね^^;
停電などでお困りの方も多いかと思います。
どうぞくれぐれも、外出には用心なさってくださいね☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-02-09 14:58 | ここね

f0223565_1633023.jpg

珍しく、この石が呼んだから。
何かなって思って、手に取ってみました。

実は以前、石仲間との練習会で、リモートビューイングの
呼びかけに応じ、この石を使いました。
その時のビジョンが、あまりにも刺激的だったので、
しばらく放置し、それ以来特に注意はしていなかったんだけど。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

アフリカの大地、この石が生まれた場所。

生まれたのも、終わったのも、この場所。

Zさんは以前、絶望しながらこの場所で、文字通り
身体を地球に溶け込ませた。

簡単に言うけどそれは、「死」なんだと思う。

彼にだって、恐怖はあったのかもしれない。
でもその時、今でいうブッケンハウトジャスパーの大地に、未来を視た。

それは、人間となって、幾多の人生を歩む自分自身だった。
彼は歓喜に震え、身体から魂も含めたすべてを放った。

その感覚は、何かに似ていた。
絶望の末に人生を終える時、愛の光に戻っていく瞬間
どれだけ悲しくても、試練を終え、光に戻る歓喜のイメージは、
その後のいくつもの人生の中で、繰り返されたものだった。

「目を覚まして!」

龍が、言う。

今そこにいるのは、全ての記憶を携えたZさんだった。

ああそうだ、今なら、行けるかもしれない。

その時のZさんは、何だか、恐いものなしのような様子だった。
あれが本当の彼なのかもしれない。
わたしはまだ、Zさんの全てを思い出してはいない。
だから、自分であって、自分でないような、
不思議な感覚のまま、龍に乗って北の大地へと向かう。

彼は、「言葉」の魔法を知っていた。
だけど私自身は、それを知らない。
だから、私が知っている言葉、般若心経を読んでみた。
読むうちにそれは、Zさんの言霊と交わり、力となっていく。

ああ、これでいいのか。
今日は、前のように、何も持ってきていない。
でも、言霊で十分なのだ。

其々の人が、其々の力を発揮している中…

誰かが発した愛の光が、地中に埋まっていく。
まるで、怪我をした部分に薬を塗るように。
Zさんの言霊は、それをしっかりと大地に定着させる役割を果たしていた。

途中、富士の女神と白龍に挨拶をする。
Zさんは異邦人だ。
だけど、女神にちょっかいを出す者でない限り、白龍には興味がない。
だから、ちらっとこちらを見るだけだった。
一方、女神からは、ポータルのようなクラスターを渡された。
とりあえず、もらっておいた。

アフリカの大地。
遠くに、ピラミッドが見えてきて…
頂点から、銀河に向かって強い光が放たれていた。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Zさんの最期の瞬間は、その後の繰り返される生の
テーマになっていたように思いました。

でも、そこまでを思い出した今、次はどうなるんだろう…?

「目を覚まして!」

龍が、そう叫んでいたけれど。

何かが、次に向かって動き出す時…
なのかもしれないなぁ、なんて、思った次第でありまする☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-02-08 20:00 | パラレル・ストーリー

純之介

過去世と呼ばれる、誰かの物語。
時々したためてますが、どれも、とてもではないけど
今現在の私とは関係のなさそうな登場人物ばかり。

まさか、自分が?的なストーリーを、
いくつかご紹介♪


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

見えてきたのは、一人の日本人男性でした。

時代はおそらく戦国、兵士と言っても歩兵、
それも、どうやら農民兵のようです。
彼は、全身を震えさせながら、怯えていました。

恐ろしい、人を殺すのも、殺されるのも嫌だ!

農民の姿に戻り、地を這って逃げ惑う彼の元に、
一人の女性が現れます。
彼にはそれが、聖母マリアに見えました。

彼はその後、キリシタンとなりました。

一体これは、どんな意味があるんだろ?
そこに、キリストらしき聖人の姿が現れます。

 異教徒であることに、恐れる必要はない。

あの、この人のお名前伺っていいですかね。

 じゅんの介

そんな言葉が返ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

驚いたのは、農民兵と言えどまかりなりにも
兵士という過去があったらしい、ということでした。
300,400もの生を繰り返しているというのなら、
一つや二つあっても不思議ではないんですが、
武士系の過去世について言われたことは一度たりともなかったんです。

ちなみによく話に出てくる私の母ですが、
見る幽霊は、ほっとんど武士。
武将が守護霊としておられる、という話もわんさか、
という風に、武士三昧なんですが、
私には一切そういうお話はありませんでした。

この物語に出てくる彼は、農民兵から、異教徒へ。
戦いに対する強烈な恐怖から、流れで異教徒となったみたいですが、
“異教徒“となったことについて、恐れる必要はない、と。

今の私は、仏教徒でもキリスト教徒でもないので、
異教徒、というのは、異なること、ということかな、と解釈すると…

人と異なることに、恐れることなかれ。

当然ですよね。同じ人間はこの世に二人と存在しないんだもの。
何かを基準にして比べることなど、最初から不可能なんですよね。
だって、全ての人が違うという時点で、基準など存在しないんだから。

平均値とか、標準とか、普通とか。
そういう言葉から外れている自分に、
もしかすると、恐れを抱いていたのかもしれません。

恐れる必要のない時代に生まれてよかったなって思いました。
大事なことを教えてくれてありがとう☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-02-05 19:46 | パラレル・ストーリー

f0223565_1659573.jpg

旧正月に入って、突然に風邪をひきました。

ぼや~っとしていたら、「風邪ひいてるんじゃない?」と言われ。
まるでそれが呪文だったかの如く?、本気で見る見る具合が悪くなり、
「風邪ひいてるんだわ~」となってしまいました^^;

天体の関係だとか何だとかかんだとか、スピ関係の
ブログでは色々書かれていたので、
私も一応その洗礼を受けたのかな、と思う一方で。

も~~~~、お仕事好きなのに、
人間関係は本当に神経をすり減らすって感じなのです。
クリスタルやお酒&お塩で撃退!と思っても、
強烈な毒素?なせいか、へたってます。

で、愚痴も出てくるわけですよ。
もちろん、傲慢から来る感情だというのは分かっています、頭では。
でも、こころが多分まだ理解してないものだから、
疲れてる時にひとたび怒りが点火すると、強力に飛び火していくんです。

ここ数日、ちょっと珍しいくらい荒々しい言葉が出てきたものですから、
おかしいなと思ってたら、久しぶりに風邪をひいた、ということでした。

さて、荒々しい言葉、と言えば…
先日、久しぶりに職場の同僚とお食事をした時のこと。

同僚からも、仕事の愚痴が、出てくる、出てくる。
堪えども、溢れてくる。

毒を吐き切った後は、ちょっと気が楽になったのか、
今度は自身が抱えるトラブルの話を始めました。すると…
出てくる、出てくる。ヘビーな話が、後から後へと。

その間、同僚の顔は、七変化してました。
「怒り」
「不満」
「疲れ」
「悲しみ」…

ところが、話題が明るいものになると、ぱっと明るい表情になります。
空気が変わる感じ。

そんな風に、人の表情を観察したことなんてなかったから、
ちょっと自分でも不思議でしたが…

思い出すと、クリスタルワークショップに出てた時は、
何もかもが楽しくて仕方がなかったです。
出会う石繋がりの友達とも、運命だ!過去世との繋がりだ!!
などと一見アフォ?なことを言いながらも、大真面目に楽しかったです。

考えただけで、ふわっと明るく…
そう、空気が変わる感じ。

ちょっとした“選択”で、
身体全体にまで、下手すると運命にまで影響するような
「気持ち」、「言葉」って、あなどれないですね。

でも、言葉って、頑張ればきっと、“選択”できるんですよね。
ちょっとした“選択”で、いい方向に持っていけるのなら、
きれいな言葉を発するとか、好きなことをするって、やっぱり重要ですね~。
ストレス解消とか言って、温泉とか行くのもよさそうです。

メロディ♪さんのワークショップで学んだことと、直接に
関係はないのかもしれないんだけど…
自分自身を笑顔にするって、ものすごく大切ですね。
なんだか、ありきたりの言葉なんですが、
私には、石があって良かったなーなんて思いました。

美しい言霊を発したいのなら、受け取りたいのなら、
なるべく石に寄り添って、美しい心でいようと思いました。
ビバ、石オタク☆

ということで、結局石オタクの落ちとなりました(笑)♪
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-02-02 17:05 | ここね