ブログトップ

海の時間

こんにちは☆

光と繋がることを意図するぞ~
意図するぞ~

と、思ってないと、すっかり忘れてしまう今日この頃です。

皆様、お元気ですか?

今回は、伝説の続きです。
ちと長いので、お時間のある時にどうぞ☆


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


さて、よく読むと…九頭竜伝承とは、
「黒龍大神信仰」にまつわるものでした。

継体天皇が国家的事業として治水を行う際、
水を司る神である高龗大神(黒龍大神)、
そして闇龗大神(白龍大神)の御二柱の御霊を、
高尾郷黒龍村(現在の福井市)に
創祀されたこと、これが信仰の発端でした。

その後、国土を守護する4大柱=4大明神を、すなわち

東:常陸国の鹿島大明神
西:安芸国の厳島大明神
南:紀伊国の熊野大権現
北:越前国の黒龍大明神

とされた、というのです。

越前国、および若狭国(いずれも現在の福井県)は、
歴史をさかのぼればさかのぼるほど、
朝廷にとって非常に重要なポジションを占めていました。
御食国であり、大陸との重要な交流のための港を抱えており、
この地を治めることは必須でした。

越前国一宮の「気比神宮」、
若狭国一宮の「若狭彦姫神社」、
いずれも大変古く、かつ広大な境内を有します。
守護が厚かった現れなんだと思います。

また、少々脱線しますが、
奈良の東大寺の「お水取り」を御存じの方は多いと思います。
その「お水」は、若狭より送られています。
なぜそうなってしまったのか、という、ちょっと面白い伝承もあるのですよ^^
こちらでは「お水送り」と言います。

先の岡太神社を始め、黒龍、すなわち高龗大神を
主神とする神社を建立し、黒龍大神信仰を広めた
継体天皇が、即位するまでの人生のほとんどをこの地で
過ごしたというのも、その象徴といえるかもしれません。

馴染みのあるお酒、「黒龍」。
なぜ「黒」なのか、これで納得がいきました。
紐解いてみるとそれは、水神の象徴といえる龍の名を冠しただけではなく、
この地の古い歴史、そして信仰とも関係していたのですね…

続く☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-03-29 11:14 | 不思議話

まさか、の展開でした…

石の入っていた袋ごと落としてしまったんですけれどね。
その袋には別の石も入っていたのに、
いえ、もしかすると、別の石の下敷きになって?
はかなくも割れてしまいました(T T)

スーパーセブンについては、まだ
特筆はしてなかったんですけれど、
何かと便利な、それこそスーパーな石。

メロディ♪氏のワークでは、欠かせない
アイテムと言ってもいいかもしれないですね。
そんな石が割れたとなると、ショックも大きく…

しかしながら、メロディ♪氏がこう言っていたことも
思い出されます。

「石が割れても、気にすることはない。
割れて個数が増える分、石のパワーはむしろ増幅したようなものだ」

他にも、色々考えられそうです。
何らかのお告げ、もしももらったものなら、送り主の変化。
一度、音もなく石が割れていたことがありましたが、
これは身代わりというイメージが強かったです。
あるいは、単なる不注意。

私の場合、こうして不注意にも落としてしまったり、
うっかり身体から外れてしまったり、という時は、
いつもとは違う精神状態の時が多いですね。

ものすごく気合がいって疲れている時とか、
普段とは違うことをした日です、大概。

いずれにせよ…

こういう時は、「形あるものはいつか滅びる」、
つまり、同じ状態を保つものはなく、
万物は常に変化している、ということを
ひどく意識しますね。

パワー云々もさることながら、
諸行無常という言葉を、
しみじみと考えた出来事でした。
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-03-26 19:56 | 石のこぼれ話

こんにちは☆


最近、ウチの龍さんが不在です。

あ、いるんだけど、私のわがままを聞くために不在なんです。

寂しい…

一刻も早くまた会えることを願って、
龍神関係の記事をアップで~す☆


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


さて、ウチの近所に、九頭竜川という川があります。
わたしが、この伝説を追う前から川について知っていたことは、

☆第1級河川。
☆鮎釣りが盛んで、夏の風物詩。
☆九頭竜川の伏流水から生まれる「黒龍」というお酒は、
日本酒好きに愛され、また皇太子も愛飲されたお酒らしい。

…ま、これくらいですかね。

ところが、急に気になりだした理由なんですが、
昨年、メロディ♪氏のワークを申し込もう!と決めた時、
やたらに無性に行きたくなってしまった神社がありました↓

岡太神社


何でかよく分からぬ、と思いながら、その神社について調べてみました。
私なりに解釈した所によると、3つの暴れ川を治めようと、
継体天皇が祈願をこめ建立された神社とのことです。
古いのですが、大きな境内で、たくさんのご祭神がおられます。
そんな中、次の神様の名が気になりました。


高龗神


はい?
えっと…読めませぬ。もう一度?


タカオカミノカミ


ああ、そう読まれるのですね。
…それで、あの…すみません、どのような…神様なのでしょうかしら?
それで、その名をそのままウィキで調べてみますと、
貴船神社のご祭神、とあります。

水との関係は分かりますし、大きな神社の末社が各地にあるのは理解できますが、
どちらかというと、その「高龗神」という神様と、この辺の暴れ川との関係を知りたいな、
と思いました。そして、近辺の川の名前とこの神様の名を
一緒にググってみた所…

九頭竜伝承

というのが出てきました。
まあ、単に暴れ川だから、こういう名前が付いたんじゃなかったんですか?

ここで、九頭竜伝承を追うことにしました☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-03-22 20:26 | 不思議話

こんにちは☆

明日は春分の日ですね!

そんなことをすっかり忘れていて、なんだか
春めいてきた雰囲気に、心も身体も微調整が
必要な今日この頃。

一昨日あたりから、どうも寝つけが悪く…頭痛も復活。
昨晩も頭痛で薬を飲んだのですが、全く眠くならず、
どうしようもないので3時頃まで本とか読んでました。
しかも、寝不足のはずなのに、特に疲れを感じていないことが二度驚き。

いったい、何なのか?
季節の変わり目に、身体の調整が上手く行ってないのかな?
スピ的にいうところの、春分の日、とくに今年のテーマ的な
変化の始まりの日を迎えるからなのかな?

諸説あると思いますが。

本日、昔お世話になった方から突然電話があり、数年ぶりにお話ししました。
いったい、何事…と思っている間に、
かつて手掛けていたお仕事を、再び引き受けることに。

もう辞めたお仕事でしたし、ご縁もなかろうと思っていたので、
これは相当に想定外の展開です。

引き寄せとか何とかかんとか言いますが、
私に起きてきた現実的な最初の変化の兆しは、コレみたいです。

このお仕事を再開すると、周りの出来事に対する考え方とか、
出会う人とかが違ってきて、忙しさとともに、
変化という新しい風が入って来ると思います。

何かが、変わっていくんだろうなー。
こうした変化を、最高のものにすべく、
心して過ごす年…
年初に、そんなことを書きましたが、
それを具体的に感じた、春分前日。

皆さんも、身の回りで何かしらの変化を受け取るかもしれないですね!!
楽しいことがあったら、是非教えてください☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-03-20 20:22 | ここね

マチュピチュのピューマ

f0223565_10532075.jpg

小ぶりの、極薄にスモーキーがかったクリスタル。
これ、マチュピチュ村で求めた石です。
石のひとりごとはこちらからどうぞ

この石、手元に巡ってきてからというもの、
少しずつ少しずつ中の光が増えていって、なんだか形を作り出し始めました。

初めは、リャマかと思ったんですが…
後に、もっと大きな動物のように見えてきたのです。

インカ帝国では、ピューマは神聖な動物とされていたそうです。
そうそう、これはそんな感じの動物に見えます!

…と言い張るのは私自身ではなかったので(笑)、
そんな、肉食系な石とは(ってどんな石だ)思ってなかったのですが。

手元に巡ってきて約一年過ぎ、先日初めて瞑想をしてみたところ、
当たり前のようにピューマが出てきました。
これは先入観でしょう、と思っていたのですが、
次々と「闘い」「血」「眼」「黄金」のイメージが浮かび、
やがて「ヴァルハラ」という言葉が浮かんできました。

黄金で敷き詰められた回廊、黄金でできた
鎧をまとう戦士たち…(人ではないと思います)。
ヴァルハラは北欧神話ですが、イメージ的にはこの言葉がピッタリでした。

私の手元にあるのは癒し系の石が多く、
こういうタイプの石だとは思っていなかったものですから、
正直にびっくりしました。

あと、この石、背面にフューチャータイムリンクを持っています。
先ほどのビジョンは、かつてのインカと繋がるものと
勝手に思っていたのですが…どうも、そうばかりでもないのかもしれません。

ちょっと今までとは違うイメージになり、「ココ!」という時に
頼りになる石なんだな…と思いました。
石ってホントに面白い☆
f0223565_14162624.jpg

[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-03-16 09:16 | 石のこぼれ話

ルキア・その4

f0223565_10581.jpg

この後のワークでは、突然海が広がります。
海の真ん中に聳えている塔のてっぺんへ行きますが、
誰もいません。

場面を変え、森の中の山小屋へ向うと、
待っていたのは、Zさんでした。
Zさんは、温かく私を迎えながら、こう言います。

「君はルキアだから、探してもいないよ」

ああ、一体化したんでしょうか?
ルキアの名を考えているうちに、なぜか、
草原を歩いているルキアの姿が浮かびます。

人間の女性でした。

彼女は、石を使って何かを祈っています。
直感的に、そこはストーンヘンジだと思いました。
もしかすると、ダートムーアだったかもしれないけれど、
とにかく、巨石がまだ息づく時代です。

ルキアはその時、石を使って祈りながら、
自らの未来を視ていました。

私はどうやら、そこへ呼ばれたようなのです。
彼女は、日本という国に住む私を見て、嬉しそうでした。

彼女はもはや、自らの命が長くないことを
予感していたようでした。
この石の時代の、終りが来ると…
何らかの危険が迫っていることを予知し、
どこかに希望を見出したかったのかもしれません。

私自身も、そこで未来が見えないものかしら、
と、ちょっといたずら心を起こしました。

具体的に何かを見たりはしませんでしたが、
天使の大群が私を連れ去って行くのを見ました。

連れて行かれる自分を見送る私と、
連れて行かれる私。

面白い夢だなぁ…なんて思っていると、
大きな鳥?龍?とにかく、羽をもつ大きな存在が私を迎えに来てくれて、
ワークはそれで終わりました。

さて、この後、ちょっと思い出したことがありました。
不思議な過去世を見ることになった初めてのきっかけを
与えてくれたヒーラーさんの、ご自身の過去世のお話です。
確かそこには、ストーンヘンジ関連の何かがあったような…

そう思って、数年ぶりにその方のHPを訪問しました。
そして、改めて読み返すと、ルキアという名も、
登場する場所も、所々類似していて、正直唖然としました。

もしかして、この方のお話が私の記憶の隅にあって、
作ってしまったのかなぁ?それにしても、
そんなこと、全く覚えてもいなかったけどなぁ?
それともなんだ、例えばこの当時は、こういう仕事をする人はみんな
ルキアって呼ばれてたのかもしれないな?

なんて、様々な妄想を繰り広げつつ、
不思議ねぇ~、と思って、その方の最近の活動を見たら。

なんと、来月に私の住む町までわざわざ来られるというではありませんか...
その講座名には、「光」という文字が、燦然と輝いています。

なにこれ…

あまりに偶然を装ったその符合に、
戸惑う自分と、直感的に行こうとする自分がいました。

この方、大変人気のある方で、講座はどうやら既に満席のようでした。
でも、分からない、今日このHPを見たのも、何かのご縁、
導きかも?なんて思い、駄目もとで可能性を伺ってみました。

すると、あっさりと、引き受けてくださいました@@

嬉しいのと同時に、やっぱり!と確信を持つ自分がいて…
不思議な流れに、本当にびっくりしました。

インナーと現実が繋がって、
こんなに具体的に動いたのは初めてかもしれないなぁ…

でもちょっと、ワクワクしてます♪
楽しくなければ、ね^^

ということで、ルキアスト―リーでした☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-03-15 10:43 | パラレル・ストーリー

ルキア・その3

f0223565_9384014.jpg

今回は、その後の2回分のワークを一挙に綴ってみます☆

会いに行った時、ルキアは森の小屋の中で楽しそうに暮らしていました。
この時、男とも女とも付かない、かなり中性的なイメージでした。

元気ならそれでいっか、と、Zさんに目を移します。

すると、いつのまにか、私自身がZさんになっているような
感覚になりました。

Zさんは、“上”から、“光”を集めるよう、“命令”されています。
でも、Zさんは、従うでも従わないでもなくのらりくらりとしています。

この、従うでも、従わないでもない、のらりくらり…
というのが、Zさんの特徴でありまして。
彼は後に、「何もしなかった」ことに対し、ひどく後悔の念を
表しているのですが、それなりに理由があった感じです。
まだ、深くは掘り下げていません。また、別の所で
お話する機会があるかもしれません。

さて、この次のワークでは、ルキアはなんだか光の中で座って
写経をしています。その西洋的な姿と全く不似合いな
内容で、正座してるんですが…

抱きしめるとものすごく喜びます。背中の
羽が見当たらないので、「羽は?」と聞くと、
「今はいらないから。いつでも生えてくるし」と言います。

この時、ルキアと自分が一体化するイメージを初めて持つのですが、
ルキアは白い魔法使いみたいな、どちらかというと
女性的なイメージとなっていました。

この後、Zさんに会いに行きます。
Zさんは、最初に見た時の宇宙空間と、
そして“最期”のシーンに同時に存在しています。

Zさんは、丸く平べったい石を私に見せ、
これが私の魂だ、と言います。
人として癒されるのを受け入れてくれるだろうか、と言います。
ここではなぜか一体化することのない自分に
不思議に思いながらも、はい、と言うと、
魂が散り散りになり、多元的な人生の中へと
入って行きました。

パラレル・ワールド…

其々の生の中で、Zさんの悲しみを
癒しているかのような…

あれも私、これも私、みんな私。
パラレルに繋がっていく、不思議な感覚でした。

とりとめないですが、また続きます(笑)
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-03-09 10:17 | パラレル・ストーリー

ルキア・その2

f0223565_9153386.jpg

その次に会いに行った時、ルキアは牢獄にいました。

涙を流しています。
頭が欠け、胸が空洞です。
相も変わらず、足かせを付けています。

この牢獄は、私が作ったものでしょうか?
この足かせは、一体、何を象徴しているのでしょうか。

私が、仕事などでストレスを溜め過ぎなのでしょうか。
それとも、今の仕事が自分には合っていないのでしょうか。
自覚がないだけに、こんな姿のルキアを見ると、
悲しくなります。どうしたらいいのか、困ってしまいます。

でも、少なくとも、私の中ではこの牢獄やら
足かせやらを外してやることは出来るはずです。

そう思って、全てを解きました。
そうしたら…

ルキアは、光、黄金の天使だと分かりました。
たまげました。

今もまだ、どういうことなのかよく分からないのですが…
何となくお話は続きます☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-03-08 17:31 | パラレル・ストーリー

ルキア・その1

f0223565_914948.jpg


インナーセルフに会うワークでおなじみのZさんですが、
このZさんは、ガイドみたいな感じでいつも出てきます。
多分、私が求めて出しているんだと思います。

そんなZさんが、ある時、ぱったりと消えたことがありました。
昨年の誕生日ごろの話です。

その時現れたのは、”白い人”でした。
なまえは、「ル…」しか聞き取れません。
これ、フェイスブックでつぶやいた記憶があるのですが。
(今確認したら12月4日辺りにつぶやいていました)

この後、Zさんは復活します。
ところが、この“白い人”も時々ですが
出てくるようになりました。

そして、先日しばらくぶりにインナーセルフのワークをした時、
この白い人が私の注目をやっと?浴びるようになりました。

真っ直ぐな白い髪の毛で、白いローブをまとっています。
まるで魔法使いみたいな様相なんだけど、
彼の眼はものすごく大きく、隈ができています。

実は、その外見が一言でいうと気持ち悪くて、
今まで注視していなかったのです…

その時初めてまともに見て、何とも気の毒だな…と思ったら、
ぼろぼろと大粒の涙をこぼすのです。

まあ、なんてことでしょう。
そう思って近寄り、名を尋ねてみました。

ルキア、と彼は言った気がします。

女性名とか男性名とか、細かいことはさておき、
私ってルで始まる名前が好きなのかなぁ、なんて
その時は思ったのですが、とにかく、泣いている理由を聞いてみました。

光を失ったんだ、というのです。

ああ、なんて象徴的、と思いました。

ルキアとは光、という意味ですよね。
わたしは、この人のことを無視していました。
ルキアを見ずにいたわけですから、光を失っていた、ということでしょうか。
いつも分かりやすいメッセージをもらえるように神様に
お願いしてるので、これがその答えなのかもしれません…

そして、足には大きな足かせが付いていました。
このイメージは、前にも見ています。
その時は別の人物ですが、牢獄に繋がれているという
イメージは、今回のものと重なります。

その足かせは、何を意味しているのかな。
思い出せなくなってしまいましたが、仕事と
関係があるような気がしました。

とりあえず、抱きしめて、ありがとう、ごめんね、無視してて、
なんて言ってみました。何だか思ったより可愛らしく、
嬉しそうに笑っていました。

きっと、私のストレスを
引き受けてしまったのかもしれません。

それにしても、白いローブが薄汚れていたし、
現実の私とは違ってやせ細っていたし、
足かせだって、ものすごく重そうでした。可哀想に。

自分をいたわる時間、大切にしなきゃなぁ…
と、久しぶりに思ったのでした。
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-03-07 21:43 | パラレル・ストーリー