ブログトップ

海の時間

箱根への旅2:箱根神社

さて、箱根湯本駅へ着くと、
何だかきれいに改装されていました。

こんなんだったけ~、なんてつぶやきながら、
バス停に行くと、凄い人だかりでした。
40分近く乗ることになるので、
次のバスに乗ることにすると、1分もしないうちに後続バスが。
いやーバスってこういうことがあるんですよね。

その後、バスは箱根駅伝のルートを通って、
元箱根まで。ふぅん、こういうルートで行くのかー。

ちなみに、小田急のパンフレット(フリーパスの宣伝の)に
バスルートが地図上に細かく書いてあって、
地図で旅の振り返りをするのが好きな私には何気によいアイテムでした。

さて、元箱根から、10分ほど歩くんですが…

なんか…

いえ、確実に。

寒くない???

この日の予報では、都心では23度、箱根は20度と聞いていました。
前日、都心は暑かったくらいだったので、つい薄着をしてきたんですが…

モーレツに風が吹いてます!

湖からの風が身体を通り抜け、体温を奪っていきます!!!

ひーひー言いながら歩き、ふと見上げると、
前方に大きな鳥居が見えてきました。
その先に、急な階段があります。

えっちらおっちら登って行くと、着きました、箱根神社です。
f0223565_1633492.jpg


脇を見ると、雪の山が残っていて、寒さを倍増させてくれました…(笑)

ところで、箱根神社は、
瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)
木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト) 
彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)
この御三神をお祭りし、総じて箱根大神様と呼称するようです。
特に、交通安全・心願成就・開運厄除の御利益があるそうですね。

さて、ここから元箱根へもどり、九頭竜神社行きの
拠点となる箱根園へのバスを探します。

事前の調査によると、あと2時間近く待たなければなりません。
でも、他にも行き方がないかなーと
思って案内所に聞いてみたんですが…

あっさり、あと2時間近く後だね、と言われてしまいました。

実は、元箱根と箱根園はそれほど離れていません。
案内所の人は、「歩いたら30分くらいで着くよ」と
言いましたが、ここはタクシーをお願いしました。
そして、すぐに箱根園へ着きました♪
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-04-26 16:26 | 旅・国内

皆様、お元気ですか?♪


さて、これまで、九頭竜伝説を追ってきました。

九頭竜…といえば、どうしても、箱根、芦ノ湖を
思い起こしますよねー。

ということで、やっぱ箱根神社+九頭竜神社も行かなきゃな~と
思いたち、行ってきました!
レポ開始で~っす♪


まずは、箱根神社のHPで交通チェック。

…むむむ?

思ったより、行きづらいというか…

行き方は一杯あるんだけど、バスの接続等を
考えると、要するに時間がかかるわけなんですね。

特に、九頭竜神社は、季節とか天気とかが
アクセスに影響するようでした。
行ってみた方のブログによると、
ボートでのアクセスは楽しかった、と言う方もいれば、
天候不順のためボートが出ず、30分以上歩いた、
はたまた、電動自転車で行った、などなど。

旅の計画大好きオタクには、なんだか
ますます挑戦したくなるような内容です(笑)

お参りは午前中に済ませたいですしね。
箱根で1泊することも考えましたが、翌日
都心で仕事があるので、やはり日帰りが望ましいですよね。

色々考えた結果、新宿を朝7時発のロマンスカーで行くことにしました^^

何を隠そう、私は小田急線沿線出身。
ロマンスカーは何度乗ったことか。
古い車体だったゆえに、懐かしさモーレツにアーーーップ!!!
f0223565_15511516.jpg

楽し~旅が始まるわ~~♪
気分はルンルンでした^^
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-04-19 17:00 | 旅・国内

さて、この九頭竜伝説&その信仰。
箱根は現在も隆盛を誇っていますが、こちらの黒龍大明神信仰はと言いますと、
大変ひっそりとしたものです。

この土地は、全体的に神社仏閣が大変多く、有名な神社の末社も大変多いです。
ある神社から数歩歩くと別の神社、という地区も多く見られます。
黒龍大明神信仰も、「数ある信仰の一つ」という位置づけのようです。

やはり、仏教の影響は大きいです。

「寺町」と呼ばれるような、つまり文字通り近所が
寺ばかり、という町も結構あります。
先に話した、白山信仰の拠点だった平泉寺をはじめ、
曹洞宗大本山永平寺もあります。

現在は、浄土真宗の方が圧倒的に多く、それというのも
蓮如上人の布教活動の影響力が大きいのかもしれません。

ということで、ほぼ典型的な神仏混交状態となっていますが、
肝心の黒龍大明神信仰、どうなっているかといいますと、
こちら、ちゃんと毛谷黒龍神社に脈々と受け継がれているようでした。

こちらの神社、非常にこじんまりとしていて、
地域の住民に愛されている神社という感じで、大変好感を持ちました。

もう一つ、市内の舟橋という所に黒龍神社があるのですが、
そちらはもっと地元の人の神社、という感じがしましたね。
こちらのサイトさんに写真が出ています。

ちなみに、九頭竜川の上流はダムとなっていて、
九頭竜湖があります。こちらは秋の様子。
f0223565_1638111.jpg

この周辺にも、白馬洞といって、龍宮伝説が残る鍾乳洞が
あったりするのですが…今は閉鎖中。
地元の村も湖に沈んでしまい、伝説の詳細をこれ以上は探れない感じでした。
…ま、それもありで、いっか♪

というわけで、ひょんなことから始まった九頭竜伝説を追う旅でした。
水の美しい国日本、竜にまつわる伝説、各地にあると思います。
龍神様を軸に全国を巡るのも面白いかもしれない、な~んて思っちゃいました☆
f0223565_16554487.jpg

[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-04-12 18:02 | 不思議話

ひらめきとか思い付きって、ある意味コワイ。

なぜならば、現実的な手続きを一切無視して
唐突にやって来るから。

今日は、久しぶりの休日でした。
気になっていた部屋の掃除も一気にすませ、
ちょっと疲れたので、休みながら
久しぶりに『ミムジー』を観たりしました。

やっぱりこの手の映画っていいわぁ~、
何かを目覚めさせるってゆーか
忘れてたことを呼び起こすってゆーか、
とかなんとか考えながら、
洗い物をしていた時。

「あ、作んなきゃ☆」

まさに時を選ばぬ、唐突の思い付きです。

実は、ずっと前からリクエストされていたんだけれど、
なぜ寄りによって、今日みたいに何もせず休息したい日に
思いついてしまうのだ???

しかし…

今なら、作れそうな気がするなー。

それで、作ってみました。
半年以上ぶりの、ワイヤーワークです^^
こちらにも載せましたが、宇宙的な渦巻きが気に入ってます(笑)

こちらのラピスラズリは、とある石屋さんが
ネパールで仕入れてきたアフガニスタン産のものだそう。
ひときわ美しい青に一目ぼれし、賢くなりますようにと
自分のヒーリングのために購入したのですが…

私よりももっと、ラピスラズリと強力に呼び合ってる人がおりまして。
このたび、やっと旅立つ準備ができた模様です。

思い付きって、大切ですよね。
私はこの思い付きとかひらめきとかが仕事にも結構生かされてるので、
この度もそんなインスピレーション(気まぐれとも言う)を尊重したせいか、
勢いに乗って作ることができました☆バンザーイ♪

大いなる宇宙のエネルギーを発信し、可愛がってもらえますように☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-04-06 15:55 | 石のこぼれ話

さて、この黒龍大神信仰ですが、地元の信仰とも
結びつきを深めたようです。

福井県勝山市には、「平泉寺」という、日本三霊山の一つの白山、
すなわち白山信仰の一大宗教拠点となったお寺があります。

ところで皆さん、「東尋坊」を御存じでしょうか?
私が知っているのは、

☆「柱状節理」という珍しい奇岩群で、世界に3箇所しかない所
☆自殺の名所?!

という感じです。中でも一番有名なのは、

☆東尋坊という手もつけられぬ暴れ坊主がおり、
困り果てた人々が、隙をついて彼を突き落とした所

ということで、このお坊さん、平泉寺のお坊さんだったということです。
昔は、信仰や宗教という名のもとに、横暴な振る舞いも沢山あったんでしょうね…

やや脱線しましたが、黒龍大神信仰は、この白山信仰とも
結びつくのです。それは、継体天皇の死後300年以上経った後に、
こう伝えられました:

平泉寺の白山権現が、皆の前に現れて、自らの像を
川に浮かべました。すると、九つの頭を持った龍が現れ、
その像を抱えるようにして川を下り、黒龍大明神(高尾郷黒龍村)の対岸に
辿り着きました。
(参考サイトさん:街道の風景

これは、「越前国古今名跡考」というのに記されているお話だそうです。

こちらの伝承の方が新しい所を見ると、おそらくは、
継体天皇により広められた黒龍大明神信仰と、
地元の信仰の厚い白山とを結ぶことによって、
白山神社平泉寺の隆盛を確固たるものにする、
という思いもあったかもしれませんね。

でも、本当にフツーに九頭竜が現れたのかもしれないですし(笑)

その後、ぽつぽつと黒龍大神信仰はフシギな形で現れます。

☆933年、富裕層であった人の夢に、社殿を造り替えよとのお告げが現る。
この方には、数々の奇跡があったらしいです。
☆1338年、新田義貞が敵と闘っていた時、神社に火がついてしまいましたが、
この時神霊は白龍となって山上に飛びました。
以来、この地を「竜ヶ岡」というそうです。
(いずれもウィキ「九頭竜伝承」より)

こうやって集めてみると、黒龍伝説、
結構たくさんあって、ちょっとびっくりしました。
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-04-05 21:10 | 不思議話

クリスタルが伝えたこと

こんにちは☆

4月に入り、忙しい毎日を送っていると思います。

皆様、お元気ですか~?

本日はとっても良い天気でした。
ほぼ一冬中出していなかった石たちを太陽にあて、
部屋も掃除し、暖かい南風が吹く中…

なんだか今日は背中がもぞもぞするー。
いつもの場所、肩甲骨のあたり。

ずっと昔に、「肩甲骨の辺りに何か感じない?」と真顔で
言われたことがありまして。
つまり、羽が生えてるっていうのです。

その時は、そんな無茶な、と思いましたが、
実はこの冬辺りから、本当に肩甲骨の辺りに
変な感覚が多くて、数年前のその言葉を思い出したのです。
いやー年取るとあれだね、肌も敏感になるんだね、
なんて思ってたんですけれど。

もぞもぞ感を抑えながら掃除を済ませると、
立て続けに、二つの朗報が入ってきました。

一つ目は、かつての恩師からのもので、
今までのお仕事の成果が出来上がったとのこと。

とっても嬉しくて、こいつは春から縁起がいい~♪
と思いました。

二つ目は、前々から手掛けていた案件が、
このたびめでたく審査を通った、とのこと。

いや~これは、本当に春からやったね?

…それにしても。
嬉しいのと同時に、これは、なんだか今までに
経験したことがないくらい忙しくなるということでもあり…

ふと、昨年末に、あるクリスタルが私に伝えたことを思い出しました。

春分の日を境に、新しい風と共に、いろいろ急展開してます。
まるで、あのときクリスタルが伝えた通りに…

携わる喜び、感動を味わうために、
宇宙の意図と繋がるぞ☆
[PR]
by yuu-kakei2 | 2014-04-02 22:08 | 石のこぼれ話