ブログトップ

海の時間

翌日、熊野那智大社へ出かけました。

熊野那智大社にはいろんな行き方がありますが、
私はシンプルにバスで最終目的地の那智大社まで向かい、
そこから階段を登っていきました。

前回訪れたときに、境内へ向かう階段の途中で出会い、
好きになった観音様^^ようやくお写真におさめさせていただきました。
f0223565_835589.jpg

鳥居が見えてきました。あともう少し。
f0223565_843617.jpg

気合いだー!と思って進んでいると、
意外にもあっさり到着しました。

初めての時は、その階段の多さにびっくりしましたが、さすがに
2度目となるとどの程度かわかるので、身体も驚かなかったようです。

まだ人の少ない境内、ここからの景色が素晴らしくて。
今回は、遠くの太平洋が金色に輝いていて、言葉を失ってしまうほど。
それはまるで、神殿でも目撃してしまったような、何か崇高なものに
出会えたような気分でした。
f0223565_841436.jpg

拝殿へと向かいます。
前回訪れたとき、ある祈願をしたのですが、それが叶ったので
そのお礼も含め、ご祈祷をしました。
f0223565_85972.jpg

力の強い八咫烏の神様(御縣彦社)にも、きちんとご挨拶して。
ご祈祷を終え、さあ、ゆっくり満喫して帰りましょう…
と、歩きだしたところ。

宮司さんが、「ようこそお参りでした。福井からいらしたそうで…?」
とお尋ねになってこられました。
そうです、とお答えしますと、どのようなお参りで、と尋ねられましたので、
前回祈願したことが叶いましたので、そのお礼参りです、
と伝えましたところ、そうだったのですか、と言われ、
もしよければ、中を見ていきませんか?と勧められました。

え?中って?
もしかして、拝殿の奥?本殿?

びっくり戸惑つつ…玉垣内には、ずらりと並ぶ本殿と、
八咫烏が石となったという不思議な烏石がありました。
そして、熊野三山のお話をたくさんしてくださいました。

思いもせずお招きいただいた本殿の前で、
まるで旧友に話しかけるような宮司さんのお話しに耳を傾けている私。
なんて不思議なご縁なんだろう?と思いながら。

実は前回、初めて熊野那智大社に訪れ、飛瀧神社から帰る途中の階段を、
えっちらおっちら、よろよろと登っていた私に、「ようこそお参りでした」
と爽快に話しかけてくださったのは、この宮司さんでした。
きっと宮司さんは、沢山の参拝客に会っているので、覚えてもおられないと
思います。けれど私には、那智大社のすばらしさ、那智の滝の偉大さとともに、
この方のさわやかな挨拶が、とてもすがすがしい記憶として残っていました。

宮司さんは、私にとって、熊野三山の、熊野那智大社の魅力とは何なのか、
ということを尋ねてこられました。
何とかして伝えようと思うのですが、うまく伝わったでしょうか。

自然なんてどこにでもある、と思うかもしれないけれど、
それはその土地、その土地によって、雰囲気は全然違うように思います。

和歌山の、熊野の山並みの壮大さは、そう中々見ることはできないと
私は感じています。

私が熊野に魅かれ、また訪れようと思ったのには、
ここにしかないものがあるからなのだと思います。

それはこの、自然という山々であり、そこに鎮座されている
崇高な神様がおられるからなのではないかと感じています。

アンデスにはアンデスの、熊野には熊野の神様がおられるのではないでしょうか。

私はこの、熊野の自然、美しい山々、壮大なる風景、
何もかもが、神様がお造りになったもの、神様からの賜物に見えるのです。
それは私にとって、とても心地が良いものなのです。

この山々に、どっしりと揺るがずに鎮座され、気の遠くなるような古から、
私たち人間を守り続けてくださっている、この熊野の神様を崇敬してやまないのです。

等々、お話ししながら。
きっと神様が、この宮司さんとの出会いを演出してくださったのだな、
と思いました。

熊野本宮大社の、威厳ある神様、
熊野速玉大社の明るい神様。
熊野那智大社は、明るくて、強くて、優しい神様のように感じます。

那智の滝は、あいもかわらず壮大で。
また来れたことに、大感謝でした。
f0223565_854764.jpg

この古道を、どれだけの人が、どんな思いで通って行ったのだろう。
それだというのに、神々しい光の差すこの街道には、重い雰囲気が一つもない。
高くそびえる樹々は、まるで神殿そのもののよう。

幸せも、不幸も、すべてものともせず清浄なものへと変えてしまう熊野の自然。
祈りの街道は、これまでも、そしてこれからもずっと、
人々を浄化し続けるのでしょうね。

ありがとう、熊野那智大社の神様!
きっとまた、ここに来れますように。
そんなことを祈りながら、二度目の熊野詣でが幕を閉じたのでした☆
f0223565_852937.jpg

[PR]
by yuu-kakei2 | 2016-07-15 22:05 | 旅・国内

熊野本宮大社から新宮へ戻り、その足で熊野速玉大社に行ってきました。

とても明るく、さわやかなイメージのあるこちらのお社。
境内のご神木が光に溢れ、包まれているような、歓迎されているような、
とても優しい雰囲気を感じました。

熊野速玉大社のご神木、なぎの樹は、沖縄の本土復帰の祝いに
沖縄にも植樹されたそう。

沖縄とのご縁…
不思議なつながりを、このご神木を見ながら感じました。
f0223565_822950.jpg

熊野速玉大社の拝殿にて。
少し気温も上がり、明るい日差しの中、ちらほらと、参拝の方たちものんびりと。
f0223565_825613.jpg

こちらの境内で、とても美味しい「詣で餅」を購入しましょう、と思ったところ、
お店がお休みとのこと。ショックでした。

翌日の那智大社で手に入ることを祈りながら、お向かいにある
お食事処、「花風月」へ。
こちらは前回お休みでしたが、やっと入ることができました。
f0223565_831680.jpg

木目調の店内の、柔らかい雰囲気でほっとして、
その日の参拝を終えたのでした☆

ちなみに、新宮にある名物めはり寿司も堪能したかったのですが、
こちらもお休み!曜日によっては、あちこち一斉にお休みとなってしまうようなので、
少し注意するといいかもしれないですね。
[PR]
by yuu-kakei2 | 2016-07-09 10:03 | 旅・国内

3月に、熊野三山に参拝してきました。

熊野三山へは、昨年初めて訪問し、感動した記憶があります。
今回も、いろいろ考えてはみたものの、前回と全く同じ形で訪問することにしました。

3月とはいえ、まだまだ寒さの残る季節。
早朝に訪れた熊野本宮大社は、人気もなく、その寒さに身が引き締まる思いでした。
f0223565_13592278.jpg

また来れたことに感謝しつつ。
f0223565_142142.jpg

ここから先は、山の神々のたたずむ聖域。
寒かったけれど、厳かで静謐なその雰囲気を堪能しました。

少しでもゆっくりしていたかったので(変わった理由ではありますが)、
ご祈祷をしていただくことにしました。

ご祈祷は、その内容によりいろいろあると思うのですが、
大概はまず神様をお呼びする太鼓が響き、神主さんが祝詞を上げ、
最後にお札等をいただく、という流れだと思います。

こちらの熊野本宮大社では、ものすごく激しい太鼓の音に合わせ、
神主さんが祝詞を上げておられました。

熊野那智大社でも、密教のようなお焚き上げをしながらの
奏上でしたが、やはり山岳の神様はものすごく力強い雰囲気だと
感動しました。

その後、大斎原へ向かいます。
f0223565_1491426.jpg

前回、うかつにも熊野川で禊をせず、かつ禁止とされている
写真を何枚もとってしまい、本当に失礼だったと詫びつつ。
今回は、熊野川でものんびりしてみました。
f0223565_14122250.jpg

とても寒かったのですが、この川が大反乱を起こすなどと、
想像できないほど水も少なく、穏やかな風景でした。
けれど、河川敷に、水に流されたであろう大きな丸い石がごろごろと
あるのをみると、自然の力強さに驚愕せずにはいられませんでした。
f0223565_14132288.jpg

きらきら光る川面を見つめながら、しばし日向ぼっこを楽しみ…
自然を満喫しました。

熊野本宮大社は、その立地からも、
なかなかに人を寄せ付けない、神々の聖域たる
厳かで畏れ多い独特の雰囲気があるように思います。

厳かな雰囲気をまといつつ、けれども、
とても優しい神様が鎮座されていると思いました。

それはまるで、自然そのもののよう。

私たちに豊かさ、恵みを与えもし、大いなる力をもって
猛威を振るったりもする自然。

熊野三山、とりわけこの熊野本宮大社では、
大自然の大いなる力の前で、ひれ伏しつつ、
その恩恵にあやかりたいとする、
ただ一人の人間であることをしみじみと感じるのです。
[PR]
by yuu-kakei2 | 2016-07-01 22:27 | 旅・国内