ブログトップ

海の時間

こちらは「羽賀寺(はがじ)」、高野山真言宗のお寺です。
f0223565_21543930.jpg

奈良時代の716年、この場所に鳳凰が舞い降り、2枚の羽根を残して行きました。
それを吉兆とし、当時の天皇、元正(げんしょう)天皇の勅命により、
朝廷の勅願寺として創建された、ということです。

駐車場から御堂まで、緩やかな坂、そして急峻な階段が続きますが、
写真の通り、両脇は背の高い巨木に囲まれています。
できれば、お天気の良い日を選んで行かれるといいですね。

このお寺は、山が少し切り開かれた場所に鎮座しています。
こうした空間というのは、天に通じやすい雰囲気といいますか、
それこそ鳳凰が飛来したという伝説がいかにも信じられる場所でした。

そして、ここに御本尊としておさめられていますのが、
「十一面観世音菩薩」像、国の指定重要文化財です。
f0223565_2264315.jpg

こちらの観音様、角度によって表情がかなり違いまして、
実物は、もっと人間的で、女性的で、とても優しく微笑みかけるお姿でした。

右手が長いのは、より多くの人を救わんとする
観音様の御心の表れだそうです。

この仏像は、元正天皇の姿をかたどったもの…と聞いた時、
え?と思いました。
そうなのです、元正天皇は、女性だったのです。
昔は結構女帝がいたのですよね。

こちらのお寺、とても静かで、大変趣がありました。
お話によりますと、女性一人で来られる方が増えているそうです。
どこかから噂を伝え聞き、東京からはるばるやってきたり、
1時間以上、一人で静かに眺めていたりと…
そういう静寂の時を過ごすのに、とてもいい場所と思いました。

そうそう、これは一つの特長といえると思うのですが、
若狭のお寺は、重要文化財級の仏像をとても近くに、
それも静かに拝見することができるという大変大きな魅力があります。
こちらのお寺は特に、説明を聞いた後は自由に過ごさせてくださいますので、
心行くまで観音様とお話しをすることができます。
観音様の慈悲を、とても身近に感じることのできる、
誰にとっても「私と観音様」の関係を作りやすい、
とても素敵なお寺だと思います。

ここで、私たち家族が訪れた時のエピソードをいくつかご紹介します。
秋の爽やかな日に思い立って訪れた時、
なんと、父の学生時代のゼミ仲間と境内でばったり会ったのです。
彼は現在滋賀県に住んでおり、近いと言えば近いのですが、
会おうと計画していたわけでも何でもありません。
観音様が嬉しいサプライズをご用意くださったようで、とっても嬉しいひと時でした。

また、別の時は、階段をようやく上がり、
いつもの通り、境内の左手にある鐘を付きました。
ところが、いつも開いている御堂の受付は閉じられていました。
残念ですが帰りましょうとしたところ、
お寺の方が鐘の音を聞いて駆け付けて下さり、
無事観音様を拝むことができました。

若狭のお寺巡り、まだまだ続きます☆
f0223565_21582854.jpg

[PR]
# by yuu-kakei2 | 2015-09-26 10:05 | 旅・国内

先日、若狭(わかさ)へ行ってきました。
若狭というのは、福井県の西側にある、小浜(おばま)市周辺を指します。

ちょっと補足しますと、福井県は、
敦賀(つるが)という町より北東の地域を「嶺北(れいほく)」、
南西側を「嶺南(れいなん)」と呼びます。
元来、嶺北は「越前国」、嶺南は「若狭国」であり、
長いこと別々の国として存在していました。
f0223565_22393589.png

(Google mapより)
実際、この両者の間には、かなりな山岳地帯がありまして、
この山越えは現在でも、電車・車共に結構大変な道となっています。
(たとえば冬の時期、関西や関東から電車で福井へと行きますと、
敦賀から長い長い北陸トンネルをくぐり、嶺北に入ると途端に雪が現れる…
というように、風景もがらりと変わります)

高速(北陸自動車道)も、敦賀から西には繋がっておらず、
福井県内とはいえ、若狭・小浜は、嶺北地域から相当時間のかかる場所でした。

それが2014年夏、敦賀~小浜間(舞鶴若狭自動車道)が繋がり、
アクセスがぐんと便利になったのです。
そこで、高速を使い、若狭へ行く楽しみが増えました^^

ところで、この若狭周辺には、平安・鎌倉時代に築かれた寺院が多く残されています。
国宝級の仏像があちこちのお寺に保管されているそうです。

なぜそれだけの秘仏があちこちにあるのかといいますと、
若狭という場所の歴史の古さと、その立地条件によるものと思います。
若狭という地名の記述は日本書紀にも表れており、古代より大陸から
人や物が移動してくる入口の拠点、そして都への通り道となっていました。

「若狭」とは、朝鮮語のワカソ(意味:行き来)の当て字で、
「奈良」は、朝鮮語のナラ(意味:都)の当て字なのだといいます。

私は、東大寺のお水取りの「お水」を「送り出す」所は、
若狭の神宮寺だということを、北陸地方に越してくるまで全く
知りませんでした。

若狭では、「お水送り」というお祭りを盛大に行います。
この「お水送り」「お水取り」の由来については、
神宮寺のお話にて紹介したいと思います。

他に、不思議な伝説にも事欠きません。
人魚の肉を食べると、永遠の命が手に入る…そんなミステリアスな話を
どこかで聞いたことはありませんか?

若狭は、人魚の肉を食べ八百才まで生きたという
比丘尼(びくに)が生まれた場所でもあります。彼女が
終焉の地に選んだという洞穴が残っています。

人魚の肉と関係ないとは思いますが、
若狭は、古代より朝廷の食料を納める御食国(みけつくに)でもありました。
奈良時代より若狭から朝廷へと海産物を運んだ道は、「鯖街道」として
いくつかのルートが今も通っています。

古くからの大陸、都との交流によりもたらされた、
素晴らしい寺社仏閣を訪ねた記録を、少しずつこちらに
アップしていこうと思います♪

☆若狭の観光情報についてはこちらをどうぞ
[PR]
# by yuu-kakei2 | 2015-09-23 15:57 | 旅・国内

前世の話とセットで、生まれ変わりの話も耳にします。

生まれ変わっても、瞳は変わらないそうです。
ヒーラー、占い師、霊能者の方々から一致して聞く話ですが、
瞳には魂が宿っている…ということでしょうか?

あまり前世を知ることに関心のなかった私ですが、
魂というのは、「私」という個人の存在を超えた、
大きなものなのかもしれないな…と思うようになっています。

魂が、つまり心の底から望んだことなら、きっと何度でも生まれ変わり、
何かをやり遂げようとしたり、誰かとやり直そうとするのかもしれません。

そうやって考えると、魂の力は、すごいですね。
愛する人の所、やり直したいと思っている人の所、
生まれたいと思っている所に何とかしてたどり着こうと、
生まれ変わるのですから。

ただ、「私」という個人は、この一生1回限りですから、
大切にしたいなと思います。触れ合う方についてもきっとそうですね。
日々こういうことを考えて過ごそうと思います。
[PR]
# by yuu-kakei2 | 2015-09-17 23:17 | ここね

龍双ヶ滝

先日、市街から車で50分のところにある、龍双ヶ滝へ行ってきました。

この滝、これまでも何回か紹介してるはずなのですが、
記事が見つからないので、もう一度書いておきます。

伝説では、龍双というお坊さんが修行をしていたとか、
滝つぼに住んでいる龍が時折天に昇るため滝を上って行くとかいう
話があるそうです。

私は、どちらも正しいのではないかと思います。
滝壺は深くなく、滝修行のしやすい足場がありますし、
神様がいらっしゃるような気がします。

(ここで受け取ったメッセージはコチラ)

今回はとても水量が多く、舗装されている水底は
流れる水でいっぱいで、降りることができませんでした。
いつも以上に迫力があり、とても美しく、清々しかったです。

時折、こういう自然の清々しい場所に触れるのも大切ですね。
時間があれば、いえ、ない時こそ、みずから出向いて行くのが
いいのかもしれませんね。

とっても清々しい神様に会うことができて、
幸せいっぱいでした。
[PR]
# by yuu-kakei2 | 2015-09-14 21:06 | 旅・国内

私は、仕事上であるポジションに付いています。
しかし、それが私にはどうしても負担で、どなたかに交替してほしいと
お願いしても聞き入れてもらえず、今年で4年目になりました。

今年に入り、別件で仕事が増えたこともあり、
上司に当たる方にこのポジションは正直にしんどいですと伝えたところ、
何もしなくてもよいと言われたので、文字通り受け取って行動しました。

そして先日、久しぶりにその方と仕事をし、改めて気づかされました。
私があのポジションを心底負担に思っていたのは、その方が
発するよろしくない言霊の影響のせいだったのです。

この上司に当たる方は(正確には上司ではなく同僚です)、
毎週2時間にわたるミーティングでは、仕事の話だけでなく、
そこにいない人の悪口を言いつのっていました。

そのミーティングに出なくなった今年、私の仕事量は別件で
格段に増えたにもかかわらず、精神的はとても楽になったのです。

職場といいますか、世の中にはいろんな人がいますから、
どうしても文句の一つや二つは出てくるものと思います。

しかし、口にすると、言葉に魂が宿ってしまうのです。
悪口や愚痴というのは、言っている人はもちろんのこと、
聞いている人の心を支配し、面白くない気持ちにさせ、
新たな不平不満を生み出す良くない力があると思います。
悪口を言うことによる連帯感など一時的なもので、
自分の人生を良くしたりはしないと思います。

私は、他人の悪口や愚痴を聞かされることに
私の人生の貴重な時間を費やしたくありません。
それにようやく気付いた私は、最近、誰の悪口も言わず、
またそれを聞くこともしないよう心がけています。

しかし、相談窓口などで働いていたり、カウンセリングの
お仕事をしていたりと、立場上それが難しい人もいるかもしれませんね。
そんな方には、好きなことをなるべくするようにし、
お気に入りの神社仏閣にお参りしたりするのがいいのかなと思います。
それから、同調して良からぬ言葉を発することなく、
ご自身で美しい言葉を発するよう心がけるのが良いのではないかと思います。

良からぬ言霊に引っかかり、自分の心も曇らないようにしたいですね。
誰だってそう願っているはずなのですから、まずは自分から
始めたいと思っています。
[PR]
# by yuu-kakei2 | 2015-09-07 22:43 | ここね